突然炎のごとく

先日、自殺をする瞬間をぐうぜんに見てしまったのですよ。
犬のさんぽで線路沿いを歩いていたら
数十メートルむこうの踏み切りで待っている若い男性がいて
ああ まだ踏み切り開かないなー
なんて見ていたら、
そのひとが踏み切りの遮断機をひょいとあげて、入っていって
待ちきれずに行ったのかなと思ったら、すぐに電車が来て
その電車が通り過ぎたあとには、誰もいなかった、、、

あまりにも突然のことだったので、何が起きたのか一瞬わからなかったし
自分が見た人影は幻だったのかなと思ったんだけど
その電車は止まってしまって、
ああ・・・・・と事態を理解しました。
さすがに線路の状態を見る勇気はなかった。。

さっきまで居たひとが、突然居なくなる。
しかもそれは、ものすごくあっけなくって
それからずっと、どこかでショックな気持ちを引きずっています。
自分が見たのが、彼がこの世にいた最後の姿で
本当にそれが自分で良かったのだろうか、と。

******************************************************************

SNSで、すぐに死にたいってつぶやく人を何人か知っていて
どこまで本気なのかはよく分からないけれども
自分自身はそういう気持ちになったことがないので、その人の気持ちがよくわからない。
だいたいその人たちの前後のつぶやきを見ると
もっと良い生活をしたい、的な、生への執着がちゃんとあるので
まぁそういう口癖の人なんだろうな 程度に捉えている。
別に面識ある人たちじゃないし。

なんだろう、死というものは、そんなに綺麗なものじゃないと思う。
そのひとが居なくなったって、世界は何も変わらず流れてゆくし
そのひとが生きて残した綺麗じゃないものは、一緒には消えてくれないし
何より残された肉体は、直視が憚られるようなもので。
ただ自分という意識が何にもなれずに消えてゆくだけ。
人間ですらなく、モノとなって、それは粛々と処理されてゆくだけ。
もう悩んだり、悲しむことすらできない。
死にたいとまで思って守ってきた自分自身が無くなるなんて、本末転倒だと思う。

******************************************************************

知っている人の訃報をきいたり、自分の家族が病気になったり
ということが、年をとるにつれて
当たり前だけど、どんどん増えてきて
それにつれて、自分自身もいつか死ぬんだろうなあ ということを
事実として実感してくるようになってきた。
今の自分の生活は、その為の準備期間なのかもしれない と
どこかで思っている部分があって
だから、昔の音源を整理したり、持ち物をどんどん処分していったりしているのかな。
自分の人生があと何年残っているのかは、分からないけれども。

きっと皆が思うんだろうけれども
身の回りのものを、何も心配がないように整えたのちに
すうっと眠るように終われるような薬を飲んで静かに終わりたいな と思う。
でも、誰かに見守られたくはないな。
誰かをのこして死んでゆくのは嫌だなと思う。
ひとりで勝手に、できることなら誰にも気づかれずに死にたいし
自分が死んだら、なんにも残さずに
自動的に物体としても消えてなくなってしまいたい。
まぁ 知らないひとたちに粛々と処理されてゆくのでもいいかな。。

犬がうちに来てから、
可愛くて可愛くてそれはそれは幸せなんだけど
ときどき、この子は自分よりも早くいなくなってしまうんだろうと思い
その時をひとりで勝手にシミュレイションしては、しくしく泣いています。
でも犬はそんなことを考えたりはしない。
できれば、そんなことを考えたりはしないで、ただ楽しく生活してゆきたかった。

実は自分は、あまり生まれ変わりを信じていないので、
全く、死というものに希望を感じない。
天国地獄という概念も、実はたいして信じていない。
仕方なく、その時が来たら、それを受け入れるしかないんだろうなと思う。
今はまだ、その域には達せていないので
おそらく後悔だらけになっちゃうんだろうなと思う。
いや・・・案外、ま、いいか、なんて思うのかもしれない。
f0154000_14274214.jpg

# by wankorosan | 2017-10-12 14:30 | ヒトリゴト

曲を葬る儀式

いつかものすごく時間ができたらやろう・・・いつか・・

とずっと思っていたことのひとつに、
「過去の自分のテープをデジタル化して残す」というのがありました。

実家に大量のテープ類が残っておりまして
ジェニーが1stアルバムをリリースする前に作っていた
カセットテープのデモテープと
自分がMTRを入手したころ、嬉しくて録音しまくっていた
宅録のマスターテープたち。

もう10年それ以上も、その中身を確認することはせずに
ずっと実家へ送ったまま放置しっぱなしだったのです。

でも、何となくずっと心の片隅にはあって
今でも新しい曲を考えているときや、何でもないときに
ふわっと頭の中に流れてきたり、あんな構成で曲を作ったっけと思い出したり。

それらは思い出ではあるんだけど、
思い出であるゆえに、
どこか美化・・・すごい良いものを作ったという、その時の思いが強く残っていて
それを心の支えにして新しい録音を続けていた部分もあって。。

だから少し、実物をあらためて聴いて自分で再評価するのも
ちょっと怖いかなという気持ちもありました。

自分で言うのも何ですが
多重録音を自分自身で出来るようになった頃の勢いは、本当にすごかった。

当時は週6、7でアルバイトを入れていて、今よりもぜんぜん時間が無かったのに
曲づくりのペースは今の比じゃないし、
(やっぱり時間じゃないんだ、と思う)
常に部屋の片隅にマイクがセットされたMTRが置いてあって
バイトから帰ったら録音、休みの日は録音、
または部屋で音楽を聴いているかレコードを買いにゆくか。

それまでモヤモヤと抱えていた、自分も何かを作りたいという欲望が
一気に爆発して
自分があこがれていたあの人やあのバンドみたいな曲を、自分の手で作り出せる!
という喜びにとにかく満ち溢れていていました。
(実際は、あこがれのあの人やあのバンドとはだいぶ差がありましたが)

それを いまでも
過去の栄光のように、どこか引きずっているのを自覚していて
自分はやろうと思えば、いつでもあの頃のモチベーションに戻れるんじゃないか
と どこか思っているところがありました。
でも実際は、「ああ やらなきゃ」と思ってやっている部分がある。
誰かと何かを約束している訳でもないのに。
f0154000_20404239.jpg

そして
夏の間、あまりにも録音部屋は暑くてどうしようもなくて。
何もしたくない。でも何かしないといけないような気がする。
どうしたら良いのかよくわからなくなっていたときに
とある方からきっかけを頂き、このテープ音源の整理を粛々と進めてゆきました。
ものすごく時間ができたのは、まさに今現在で
今やらなければ、もうやらないに違いない!と 思い立ちました。

バンドのテープは、
自分は歌っているわけでもないし演奏すらしていない(リズムマシンだから)
ので、ごくごく客観的に聴くことができました。
若くてピュアでキラキラしたバンドをプロデュースしているような気分。

でも、なんとなく録音した頃の気持ちはずっと覚えていて
あれも出来るようになった、これも出来るようになった
そしてどんどん上がって行く知名度とバンドのクオリティ。
あれもやりたい、これもやりたい!もっともっと!
という、なんともピュアで上向きな気持ちだったと思います。

そして自分の宅録も、残っているものはデジタル化してゆきました。
全部とっておいてあると思っていたけど、
覚えているけれども残っていないものが結構あってショック。。

そのサウンドには、バンドと同じようなイノセントさがありましたが
当たり前だけど、その頃の自分の曲たち、録音たちは
今の自分の想像を超えていなくって・・・
(だって自分で作った曲だから)

そして、自分は自分の想像を超えたものでないと心を動かされない。。

その事実は特に何という衝撃も全く無く、静かで、、、
そして、その頃の自分を呑み込んだ、今の自分があって
20年前にはもう戻れないんだ というごく当然の結論に至りました。
いや ずっと分かっていたことを、ちゃんとお腹に収められた というのか。

色んな音楽を知れば知るほど、色んなひとに出会えば出会うほど、
自分の進むべき方向がよくわからなくなるし、
曲を作っていても迷うことがどんどん多くなる。

「この先にはいったい何があるんだろう?」
というクエスチョンの答えは、知らないほうが良いのかもしれない、
ということだって、
今は知っている。

どんな曲を作ったら良いのか分からなくなってしまう事さえあるんだ
なんて日が来るという事を
20年前の自分は夢にも思わなかった。
けれども
ふわふわと、自分の周りを彷徨っていた過去の曲たちを
しっかりと捕まえてアーカイヴ化して
そしてハードディスクという墓場へ綺麗に葬りました。

たぶんこれらを聴きなおすことはしないと思います。
その代わり、自分の宅録だけ
ネットで1週間だけフリーダウンロード公開しました。

ありがたいことに予想以上のダウンロードがあって、
これらを録っていたときに、もしこんなツールがあったらどうだったのかな
なんて、ちょっと思ったけれど
人に聴かせるあてもなく、ただただ録音を続けた当時の自分の思いの
行き場・・・墓場ができたような気がします。

ちいさなターニングポイントですが
思いのほか気持ちがすっきりして、新しい曲を綴ってゆけそうな気がします。

# by wankorosan | 2017-10-12 13:26 | 音楽とか

言葉について

インスタ映え という言葉のことを
今まで大してどうとも思っていなかったのですが
テレビで実際に使われている場面をみて、ああこういうことか・・・
と 一気に嫌いになってしまいました。

今まで、同じ写真に撮るなら可愛い、綺麗なものが良いね
っていうことなんだろうなあ ぐらいに、ふわっと思っていたのですが、
インスタグラムの先にあるものを考えていたら
何だか空虚に思えてきてしまった。。

カフェでも風景でも料理でも、なんでもいいんだけど
これが可愛い綺麗素敵と思ったものに出会ったときに
写真に撮って残すのは、まああることだと思う。
そしてそれを人に見てもらいたい、ちょっと自慢したいっていうことも、ある。
でも、そういうことではなくって
インスタ映えっていうのは、あらかじめ撮れる写真もわかっていて
それに自分を映りこませるっていうのが目的で
さらに、それを人に見せて
イイネをもらう、までやってゴール。

テレビに出てきたブロガーの女の子が、
海外でインスタにアップする写真を撮るために何品も料理を注文して、
ほとんど残して、しかも値段をぼられた的なことまで言っていて
食べてもいないのにその価値がわかるのかなあと思ったり
同じくテレビでタレントが、
写真を撮るためだけにボーリング場に行って、プレイはせずに写真だけ撮って
つぎのお店では閉まっていたけど、看板と自分だけ撮って満足
みたいな。
そういえば、レコード店に行って
レコードを探している自分の写真だけを撮って帰るってのもあったっけ(笑)
レコード好きってオシャレなのかあ。。へえ。。
結局なにも持ってないことがバレたらすごく恥ずかしいと思うんだけど
(この系統の恥については、自分世代はすっごくきびしい)
特にそういうことは気にしていない様子。
楽しそうな写真を撮るために、はしゃいでるとか本末転倒なこともテレビでやってた。。

結局、対象そのものについては何も感じていない、感じようともしない。
見えてるのは自分だけ。
キラキラした風景に写りこんだ自分
みんなから憧れられる、羨ましがられる自分
イイネが沢山ついて、人気があがって、さらに上まであがってゆきたい自分
ただ、自分の写真集を作ってみせたいだけ。。

でも現実は、そのキラキラした写真を撮るために
朝から必死で電車に乗って地図で探して並んで
汗だくでたどり着いて、写真だけ撮ったらそこはもう終わりで用済み。
アイスとかスイーツとか、んんーって言いながら食べとけばおk。
ぜんぜんキラキラわくわくしてない。
相手がモノだけだったらまだしも、
自分がすごい人と知り合いって示したい為に、
大して親しくもないすごい人と仲良さそうに写真撮るっていう厄介な感じのもある。

現実は自分がいちばんよく分かってるんだろうけど
でもこれで本当に勘違いされて、うそが本当になってゆくこともあるから
中身を伴わなくっても体裁だけ整えておけば、
なんとなくその体裁で認知されていったりしてしまう、という恐ろしいことも多々ある。
だからインスタ映えはやめられないんだろうな。
そこを脱いでいったら、出てくるのは貧相な自分って薄々わかっていても。

偏見だとは思うのですが
インスタ映えっていう言葉を安易に信じてしまう人って
オシャレなカフェで友人と写真を撮りあった後にひとり散らかった自宅へ戻り
何度もSNSをリロードしたりして反応を気にしている
みたいなイメージがぼんやり浮かんでしまうのです。
結局、どんな味がしたっけとか、その街ってどんな雰囲気だったっけとか、あまり覚えてない。

料理の味もモノの価値も何もわからないし
(そもそも、それを一生懸命に作る誰かが居るってこともわかってないかもしれない)
誰かを介在しないとその良さが判断できない
人からイイネを貰うことが価値観のすべてなんて、かなしすぎる。
f0154000_15190842.jpg
インスタ映えを煽るメディアも、
とりあえずそう言ってカラフルなもの紹介しとけば
なんか若い女の子たちが飛びつくんじゃない?的な。。
人から評価されたいんだったら
何も考えずに黙ってその場所に行ってこの写真撮っとけばいいんだよ
って、コンビニに品物を陳列するみたいに場所や風景がどんどん並べられていって
それらはあっという間に消費されていってしまってゆくのかなあ。
などと思っていたら、
なんだか痛々しくてたまらなくなってきました。
みんなそれぞれの価値観があるから、自分の好きにしたら良いとは思うんだけど
どうしても、この言葉を目にするとモヤモヤがしてしまうのです。
早くこんな流行終わらないかなあ。。
f0154000_15194612.jpg

# by wankorosan | 2017-07-24 15:25 | ヒトリゴト

暗闇や木漏れ日の間で、ちかちかと合図を交わしあおう。

梅雨明け宣言はしてないけど、もう梅雨明けしたっぽい気候ですね。
わたしの作業部屋はエアコンが付いていないのですが、
窓を開けておくと山からのひんやりした風が吹き込んで来て意外と涼しいです。
高台だから、たぶん神戸の都心部と比べたら3度ぐらいはちがうんじゃないかな。
小学生の頃の夏休みとか、こんな感じの気温だったなというくらいの
家の中にいれば、エアコン無しでも凌げなくもない程度の暑さです。
とはいえ、犬がいるのでリビングはエアコンつけっぱで、
ずっとリビングにいると犬だけ快適そうで、ちょっと寒さを感じてくるので自分は二階へ避難。。
f0154000_15563517.jpg

5月、6月と2ヶ月続けてライブに誘っていただけて
どちらも大事に思っている人、大好きな人に沢山会えてとても良い時間を過ごせました。
もっと色々と自分から前に出ないと伝わらないものがあるのかも
なんて時々思うのですが、
でもこんなスタンスで活動している自分のことを気にかけて、ライブに誘ってくれる人がいる
というだけでも、がんばって続けてゆける気がします。

5月、6月と、何年も連絡が途絶えていたような人と
他愛もないことですがメールを交し合ったり、久しぶりに顔をあわせたりということが続いて
過去は途切れていなくて続いているんだなと
当たり前のことを再確認しました。
こちらへ来て、大体の時間をあまりにも自分たちだけで静かに過ごしているので
時々、今までの思い出は夢だったんじゃないか、とすら思っていたりするのですが
いやいや、夢じゃなかった。
こんなペースで、人と仲良くしてゆけるなんて本当に嬉しいです。
この世界は静かにきらめいていますね。
連絡不精な性格のせいで、よく人と交流が途絶えがちなので
それでも思い出してもらえるなんて有難いのひとことです。

久しぶりといえば
先月かな、シノワさんが6年前に約束していた新しい音源を送ってくれました。
勿論わたしはすっかりそんな事忘れていて、相当に嬉しいサプライズで
今までも大好きなバンドでしたが、ますます特別なバンドになりました。
7インチシングルで、内容も本当に素晴らしい。
もう20年ぐらいかな、シノワさんを初めて聴いたの。
その時と同じ瑞々しさを、いまだにもって丁寧に作られた作品というのが
ビシビシと伝わってきました。
f0154000_16065734.jpg
長い年月を、音楽をそっと隣に置きながら、
その情熱を静かに燃やし続けながら、
でも決して焦らず、無理のないペースで続けてゆける
こういう人たちが周りに沢山いることが、幸せです。

何も予定がない日
今日は曲をつくろうかなあ と思いながら、ついにギターには手が伸びなかった日
これに対して、罪悪感を感じるのは良いことなのか、悪いことなのか。。。

f0154000_16214363.jpg
犬がかわいいので、とりあえず毎日幸せです。
新曲、心のなかに何曲かあります。。

# by wankorosan | 2017-07-15 16:24 | 日常な感じ

わいわい☆サンデー

6月、姫路にてゑでぃまぁこん企画に誘っていただきました!

『わいわい☆サンデー』
6月11日(日曜日)@ 姫路ハルモニア
open 12:00
start 13:00
前売り 1500円(プラス1ドリンク)
当日 2000円(プラス1ドリンク)
出演
アキツユコ
ゑでぃまぁこん
ガンジー石原
jugz
てくらがり
裸甲冑
ぺでぃまつこん
ほりゆうじ
本松洋子まつげ
三浦カヨ
<食>
喫茶ゆすらご
<音響>
元山ツトム

☆フリマあり☆
f0154000_12492738.jpg
タイトル通り、ワイワイしてます!
絶対楽しいやつです。
久々にお会いする方、ライブを観られる方も沢山いて楽しみ。

当日フリマがあるそうなのですが、
ここ2ヶ月ぐらい、いきなり断捨離モードになってしまって
洋服を一気に半分以上処分してしまいました。
あんまり売るものが無いのですが、余裕があれば何か作って持ってゆこうかな・・


先日、asunaくんが神戸でライブをした後に
ロッテルダムから来日された、Red Brut, JSCA さんを連れて
我が家へ泊まりに来てくれました。
ライブではインダストリアルで実験性の強い電子音楽が格好良かったのですが
人となりは打って変わってすごくキュートでフランク。
asunaくんのライブも、光で音が変わる装置を使っていて
手に持っている光が花火みたいにパチパチして
ドリーミーな音とその光景が夢みたいに思いました。
あと、久々に観たアラヨッツも良かったなぁ。メロウでポップで、ハーモニーが綺麗で。

f0154000_12565863.jpg

深夜にうちに来て、翌日ゆすらごのライブということで早々に発ってしまい
もうちょっとゆっくり遊びたかったなぁと思いつつ。
またの再会を楽しみにしようと思います。
1ヶ月ぐらい日本に滞在して、ライブをしたり観光したりするそうです。
犬がいるのもあり、あまりお出かけが出来ないのですが
こうやって訪ねてもらえるとお出かけと同じくらいに特別な非日常感が味わえてうれしい。
うちの犬も楽しそうにお迎えしてました。
色々な経験をさせてあげたいので、人が遊びに来てくれるのは大歓迎です。
f0154000_13064930.jpg
毎日が旅をしているみたいな日々です。




# by wankorosan | 2017-05-23 13:12 | 音楽とか

ライブ@喫茶ゆすらご 

f0154000_16220267.jpg
5月7日(日)久々に喫茶ゆすらごにて演奏いたします。

三浦カヨ/puma/てくらがり18:00オープン/19:00スタート1000円+1ドリンク 

当初、スコットランドからの女性シンガーソングライターを迎える予定だったのですが、
体調不良により来日中止となってしまいました。残念。。
代わりに、三浦カヨちゃんが出演することになりました。
GW最終日、ゆったりとした時間を過ごせると思います。
是非。
てくらがりは、けいくん須原さんまっつんの黄金の4人編成です。バンドで初めて演奏する曲もたくさんあるので、
どんな感じになるのか楽しみです。
ゆすらごのフードも楽しみ!

# by wankorosan | 2017-05-07 16:18 | 音楽とか

とおくながれて

あっという間に5月。
うちは海も近いのですが、山もすごく近くて
徒歩5分ぐらいで普通に登山道に入って、そのまま登山も出来ます。
この時期、まぶしくて美しいのは海よりもむしろ山かもしれない。
木々の間を犬と歩いていると、とても気持ちよいです。
山の良さ、森林浴の気持ちよさが分かる年になってきました。
f0154000_11444859.jpg
久しぶりにサウンドクラウドに新曲を追加いたしました。
新曲を録音して追加するのに1年もかかってしまいました。
何か背中を突っつかれるような出来事がないと、なかなか進まないものです。
自分を追い込みたいような、そんなことをしたくはないような。
今回は、ゆすらごのライブに向けて新曲を作ろうと思って録音してみました。

毎日、日々があまりにもキラキラと緩やかに流れてゆくのですが
自分の性格上、あまりにも幸せを感じると、
無意識のうちにその終わりのことを考えてしまいます。
今まで作ったどの曲にも、おそらく共通しているテーマではありますが
すべての時間は流れて戻らない。という曲です。
曲の中に、そのキラキラとした瞬間を映し出して
それを作りつづけることで、その事実をいつか受け入れられるようになりたい。
f0154000_11584674.jpg

# by wankorosan | 2017-05-01 11:59 | 音楽とか