<< どうもありがとうございましたヽ... ノイズ・イスタンブール >>

ドラムをたたくとき

今日はスタジオでした。
まぁ・・・いつも通りやなw

ライブ本番はまたちょっと違った心持ちで叩いているのですが
練習のときとか、リラックスした気持ちで演奏をしているときに
ぼんやりとどこかの風景を思い出していることが多いのです。
といっても、その風景が身近過ぎてあまりアーティスティックではないのが残念w

例えば、ある曲ではパズルの横の通り(opaの前の道ねw)の風景をぼんやり思い出したり
ある曲ではなぜか堀江公園の横あたりを思い出したり
ある曲では大阪駅の横の横断歩道を思い出したり・・・

たぶん、その曲を作っている時にリズムパターンを考えるときに
なんとなく その風景を思い浮かべながら考えていたからだと思うんだけど
特に何の関連性もないですw
なぜか、曲を考えるときには自分のよく知っている風景を思い浮かべるクセがあるようです。

そういえば中学生とか高校生の頃は
家で毎日ピアノを弾いていたのですが
それも、ピアノを弾くのが楽しい というよりは
ピアノを弾きながらぼんやりと考えてるような考えてないような状態なのが楽しかった
ように思います。

タイピングも慣れてくると打ちながら考えられるようになる
それと同じような感じですかね。

他の楽器を演奏している人たちは、風景を思い浮かべながら演奏したりするんだろうか。
by wankorosan | 2009-01-20 00:42 | 音楽とか
<< どうもありがとうございましたヽ... ノイズ・イスタンブール >>