<< ねぇ、ラーメン おそなりましたがいっぺんに記事... >>

おそなりましたがいっぺんにうpします2

木曜日に雲州堂行ったときのんです。
ネルさんとマルオマルコさんを観に雲州堂へ行ってまいりました^^
どちらも、あの雰囲気のある空間にぴったりの優しくて透明で力強い音楽でした。

その前に、
ちょっと開演までに時間があったので、北浜の「ポップ」という居酒屋でご飯食べてきました。
名前がええですよねww なにしろ自分は無類のポップ好きですから^^
もう5年とか6年とか前に一度行って、夏場だったんだけどお店の中にハチが入ってきて
それを常連のオッチャンがいいとこみせようと必死に退治しようとしてた(結局ダメやった)・・・
という微笑ましい思い出があるお店ですw

喫茶店とスナックの中間みたいな内装でお世辞にもオシャレとはいえないお店なのですが
お値段もお手ごろで(メニューは殆ど500円台)どれ食べてもきっちり作っていて美味しいです。
ここの「たこ焼き」にちょっと感動w
f0154000_026260.jpg

丸くする器械がないから、という訳で何とも言えない外見なのですがw
猫舌ゆえ、いつもたこ焼きを食べると火傷して結局味がよう分らん自分にとっては
かなり画期的なカタチでしたww
丸くしてないのでカリっとした食感はなかったのですが、ふわふわトロトロでした(*´ェ`*)
その他カジキマグロのステーキとか、地鶏の焼きびたしとか
これで500円台・・・・?というレベルのものが続々と出てきて満足。
不景気なのと家で作ったほうが美味しいので、(あとは酒飲まないし)
平日の晩は全く外食しないのですが
たまにはこういう外で食べるのもいいですね。


★neru★
f0154000_0264450.jpg

久しぶりに観ました。
と、思ったら、今年はじめてのライブだそうです。
まぁ もう今年も4分の一が過ぎましたがw
雲州堂はボーカルをとにかく綺麗に出してくれるので、こういうバンドがガッチリ合います。
カオリさん(ギター)とユウキさん(ベース)の2人だけ。
2人ユニットでも
エフェクターやサンプラーで音数や音圧を増やして世界を作るバンドとか(サリーさんみたいな)
少人数であるがゆえにそのテクニックやアンサンブルが際立つバンドとか(アンチェリさんみたいな)
いろいろありますが、ネルさんはとにかく引き算です。
シンプルなコードストローク、シンプルなベースライン(でもこれが結構肝なのかもと思って聴いてました)そして歌。
ひんやりとしていてかつ暖かい、本当に羨ましいくらいに素敵な歌声です。
ミオリちゃんが以前、ヴァシュティヴァニアンの歌を「こたつでアイス」と表現していましたが
まさにそんな感じです。
MCで「コードネームとかよく分からなくって上から2番目とかいつも言ってる」という衝撃の発言wをされてまして
それであれだけ沢山の名曲を作れてしまうのがかなり衝撃でしたw
わたしは自分自身があまりオトナの落ち着きがないタイプなので
いつもネルさんたちのスっと背筋が伸びた落ち着いた美しい佇まいに憧れます。
オトナになれば、自然とああ落ち着けるんだと思っていたんだけどなぁ・・・・(´・ω・`)
**追記
マルオさんのブログみてたら「素敵な発音」とネルさんのことを書かれていまして、
それをみて「そうか!発音か!!」と大いに共感しました。

☆マルオマルコ☆
f0154000_027223.jpg

やっさんとマルオさんの芸達者ユニットw
マルオさんとは1月のオブリークではコオセキラジオで、
そして先日の雲州堂では森田雅章トラディシオンカントリーバンドでご一緒しましたが
ソロを観るのは久しぶりな気がします。
前半はロシアハープ(正式名称もおっしゃってましたが忘れましたw)を使って
中盤は口琴を使って、そして後半はアコーディオンを使って歌ってました。

オモチャにしかみえない、可愛いロシアハープをきちんと楽器として演奏出来る
そして口琴で完璧な弾き語りが出来るマルチプレーヤーっぷりに尊敬のまなざしです。
そういえば以前に観たときには人形のテルミンみたいなのも弾きこなしていましたねぇ。

楽器のせいか、ロシアとかあちらの方を思わせるもの悲しいメロディにのって
マルオさんの透明感のある歌声からは不思議な
生活感があるようなナイような言葉が放たれていまして
(「鳥カンケイの歌」とか「洗濯機の歌」とか)
それら全てをひっくるめてかなり唯一無二な世界を作り出すユニークな存在やなぁと思います。

しかし、下地(音楽力というかw)がかなりちゃんとしているので
(わたしはあまりよう知らんのですが「対位法」とかそんなん?)
決して散漫ではなくて綺麗に曲が組み立てられていて、そこがまた心地よかったです。
たぶんマルオさんて器用かつ几帳面な方なんだと思ってます。
そこが自分にはない面なので、やっぱり憧れます(*´ェ`*)
あ あと、バースデイソングでやっさんが歌っているのを初めて聴きましたw
結構甘い声してますねぇ。もっと歌って欲しいですw

ライブが終わった後、お客さんで来られていた森田さんやネルさん・やっさん・マルオさん達と
しばしいろんなお話をしました。
マルオさんが静岡出身とか、ネルのカオリさんが大分出身とか、意外な事実が分って楽しかったですw
あと森田さんとブログの文章のことや音楽の話などいろいろ出来て刺激になりました。
森田さんはホントに博識で頭の良い方なので、いろんな話が次々と出てきて楽しいです。
文章というのは、本当にその人となりが出ますよね。
自分の内面に潜って内側を描きだす人、詩のような綺麗な文章を書く人、湧き出す何かをカタチにする為に文章を書く人、そして毎日の記録として客観的に日常を書く人。

じぶんの場合は、
楽しいことを、楽しいように。そして、出来るだけ内容が人に伝わるようにw
何かを書いてゆきたいのかな と森田さんと話しながら考えてました。
論理的になることで悲観的になりがちな気持ちを回避しようと思ってきたらこうなった
って感じでしょうか。

で、せっかく読んでくれた人の役に立とうと、
付加価値をつけようと思って客観的な見方も出来る限り盛り込んだ結果、、、
(ただ何か食べて「美味しかったー」じゃ伝わらないと思うのです)
何か分らんけどもいつも長くなるのですww

あれも入れたい、これも入れたいと思ってしまうのですよね( ´(ェ)`)
by wankorosan | 2009-03-16 00:37 | 音楽とか
<< ねぇ、ラーメン おそなりましたがいっぺんに記事... >>