<< light sequencer 公園とビール >>

ふくらはぎばたけ☆レコ発

もう先月になってしまうのですが、
ふくらはぎばたけ氏のアルバム発売記念イベントにフムフムで呼んで頂きました!

マイパルフットフットのベースも担当している氏ですが
初めてソロのライブを観たのは、確か東京に引っ越したばかりの頃だったかと思います。
その時はベースの弾き語りで、
ベースと歌だけの、しかも隙間だらけなのにユニークな音楽が気になって
気になって
仕方なかったのです。

彼のすごいところは、何にも似ていないその世界を完璧に作りあげているのに
限りなく控えめで全くギラギラしていなくて
それでいてユーモアもあって決して気難しくないその人柄

新しいアルバムにも、その独自さと不思議なおかしさが同居していて
それでいて美しい傑作だと思います。
異才がキラキラしております。

それにしても、自分の身の回りには本当に才能がキラキラしていて
もっともっと評価されて然るべきなんじゃないか
と思う人が沢山います。
しかし、そういう人たちは総じて小さい声で自分の世界を囁き続けていて
あまり目立たないままに作品を作り続けています。
まぁ、、、声が小さい人が自分の好みなのかもしれんですねw

彼に限らず、そういった人たちが
もっと評価されてもいいのに って思う気持ちと
このままひっそりと自分の世界を邪魔されずに守りながら続けていって欲しいな 
って思う気持ちと、両方あります。
もっと認められたい、というモチベーションが必ず誰しもにあるはずで
それがより良い作品を作る原動力になっている
という一面もあると思います。
また、生活や現実に対する辛い気持ちが
より音楽を美しくしているという一面も。

皆がハッピーでいい作品を作り続けられるのが一番いいけれど
中々、現実はそうもいかないものです。
特にここ1年くらいは閉塞感が大きく
それでも皆、お互いを心の中で応援しながら凌いでいるような感じをうけます。


この日のレコ発イベントは、親戚の集まりみたいだった打ち上げまで含めて
すごく楽しくて
なぜだか一枚も写真を撮っていませんでしたw
なので紹介がてらセプチマで撮ったふくらはぎばたけ氏のPVを貼っておきます。


by wankorosan | 2012-09-02 15:44 | 音楽とか
<< light sequencer 公園とビール >>