<< 一音下げの世界 廃藩置県フェスティバル >>

しろいとり

前の記事でも触れましたが、
てくらがりとしての初音源を作成いたしましたヽ(*´∀`)ノ
サウンドクラウドにアップロードしている曲も収録されていますが、
全て新録です。
サウンドクラウドと音源は別のものとしてやってゆこうと思っているので
アルバムのテイクはサウンドクラウドにはアップロードしないつもりです。
また、サウンドクラウドのテイクはアルバムには収録しないつもりです。

実は元々、初ライブで初音源を売る気はなかったのですが
1ヶ月ほど前になって、せっかくライブをするなら
音源としてその場にいる人たちに持って帰って貰いたいな

急に思い立ち、その時の持ち歌?というか、作っていた曲を全て思い出し
そこから6曲をえらび、
曲順やジャケ、全体のイメージなど
全てをあらかた決めてから録音に入りました。

今までバンドで数枚、アルバムを作ったのですが
全て曲を録音してから曲順を決めていたので
構成が分かっていてその1曲目から順番に作ってゆく
というのを一度やってみたかったのです。
すごく宅録的な発想だし、全て自分でコントロール出来る音源ってどんなんだろ
という興味もあったので。。

録音は、まとめてではなくて仕事から帰ってきて1トラックずつとってゆき
(まぁ結局休日にはある程度まとめてとってたけど)
時間がとれなかったというのもあるんだけど
敢えて、日常と混ざったトラックをとりたくて
録音、晩ご飯、就寝、仕事、録音、晩ご飯・・・と
録音していた1ヶ月間が層になって重なってゆき
音として出来上がったような気がします。
出来上がった時には、もう寿命が3ヶ月ぐらい縮んだような思いでした。。
ホント、仕事と自分の生活との付き合い方をチラチラ考え続けてしまった。
宝くじでも当てて、音源だけを好きに作れる生活、したいね・・・

f0154000_19113967.jpg


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

そうそう。
おそらく、ライブやその他の場所で歌詞のことに触れてその話をすることは
まずこの先ないと思うし
誰からも訊かれることもないような気がするのでw

ださいのかもしれないけれど、歌詞の解説など。。

アルバムには絶対に歌詞カードを入れようと思っていて
しかも、テキストを簡単に打ったものではなくって
手書きで書いたものを入れたかったので
苦労の割りには手作り感がかなり出てしまってw
ちょっと今回、これが心残りでした。
実は最初に丁寧に書いたやつをサイズが合わなくてギリギリに没にして
もう一度書き直したんだけど、大分字が雑になってしまった・・・
手書きの歌詞カードは次作からも続けようと思うので、
今後、字がもっと上手くなってるかもしれませんw


前の廃藩置県の記事でもちょっと触れましたが
自分が歌詞を書き始めてから、
日々に感じること、思うこと、今までずっと思ってきたことを
言葉にのせる作業をし始めて気づいたのが

自分の行先は全て決まっているんじゃないかという感覚。

そして、目に見えるものや見えないもの全ては掴めなくて
本当に自分のものに出来るものなんて実は無い
だからこそ、美しくみえるんだろうな
という気持ち。

音も時間も絵も風景も思い出も全てが、自分をすり抜けてどこかへ行ってしまう。
それを何とか捉えようと
形にしようと、曲にして言葉にしてゆくのかなと。
曲を作る原動力というものが、もし自分にあるのなら
おそらくそのあたりが芯の部分なんじゃないかと
自分の書いた歌詞を清書しながらぼんやりと考えておりました。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

さて
Twitterでは少し告知しておりましたが
この音源、6曲入りで500円です。
お釣りが出ないようにしたいというのと
自分なら人の音源をこの値段なら深く考えず気軽に買うかなというラインです。

500円とはいえ、お金を出すということはその人の何らかの労働と引換ということ。
ちゃんとジャケを作って、歌詞カードつけて、マスタリングして
と最低限の体裁は整えたつもりでおります。

特にお店に流通させるつもりは今のところあまりなくて
機会があれば、そのうちという感じでいます。
もちろん、お話しあれば売り惜しみなどするつもりは全くないですよw
単に今まで作る事は頑張ってきたけど、売る事を頑張ってきてないからニガテ
っていうのもあります。。
まぁ焦らずとも、そのうち届くひとには届くかなという楽観的な気持ちもどこかに。

当初は、ライブをした時に手売りすればいいや、と気軽に考えていたのですが
とある音楽をやっている方から
Twitterのメッセージでアルバムが欲しいと連絡があって
前々から知っている好きなミュージシャンだったので喜んで送る旨を返事したら
お礼に自分のが出来たら送りますね、という返信をいただき。
あぁこれだ、と確信致しました。

自分は生活の為に音楽をやっていないし
お金の為に音源を作っているわけではない。
だからと言って、無料で配るというのもちょっと違うかなあと思う。
タダの音源のことは、また機会があればじっくり自分の考えを書きたいと思うんだけど
まぁ、とにかく、お金を出す出さないによって聴き方も変わるし
音楽なんて聴く側のコンディションによっていくらでも捉え方が変わるものだし。。

お金の為ではなく、では何の為にといえば
そりゃあ、人と繋がりを持つためだろうと。
これは、もう10年も15年も機会があれば言い続けてきたことで
綺麗事でも何でもいいから、とにかく、
音楽を続けてゆくことで色々な人と出会えて繋がり、刺激をうけあいながら
また新しく音楽を作ってゆく糧になる
というのが、いつまでも続けてる理由なんだと思います。

ということで、物物交換でその人のクリエイティブに触れて刺激を受けたいです。
でも、創作物である必要は別になくって
その人が生活をしている感じを味わえればそれで嬉しいなと思う。
あと、雪舟えまさんでしたっけ?
熊が鮭を銀行に預けるっていうシチュエイション、ああいうメルヘンチックな世界というのを
ちょっと理想郷みたいに思っている部分もあります。
お金が介在しない、思いやりと暖かさだけが交差するやり取り、、、
素敵じゃんと思います。

長々と書きましたが、音源もしご興味ある方は
お気軽にTwitterやこちらの非公開コメントなどでお問い合わせ下さい。
tekutekuragariアットgメイルドットコムに直接連絡下さっても大丈夫です。

これから何か作るっていう方も大歓迎です。
取りあえず送ります。そして、出来上がるその日を気長にお待ち致します。
創作物は、披露する相手が多ければ多いほど作るモチベーションにもなるしね、、、

コミュニケイション、しましょう。

今後はライブお誘いあればもちろんやりたいですが
元々から宅録を主な活動としてやるつもりでいたので、
初ライブが終わり、初音源が出来たらゴールとは思っておりません。

ゆっくりだと思うけど、今後どうなってゆくのか楽しみです。
by wankorosan | 2013-11-04 19:13 | 音楽とか
<< 一音下げの世界 廃藩置県フェスティバル >>