<< Final Sunset 天使のクッキー >>

2013年 ギターを買う

最近、練習も録音もエレキではなくこのギターで行っています。
クラシックギターというのでしょうか。
f0154000_10513052.jpg

これは、今年の9月かな?
ライブに向けて使う予定のギターを楽器屋さんにリペアに出したときに
何気なく中古コーナーを見回っていて、衝動買いしてしまったものです。

茶位幸信さんという方が作られたギターです。
f0154000_10532766.jpg

色々とネットで調べていたのですが、大体このラベルに制作年代が書いてあるみたいで
でもこれには明記されてなかったので、何年前のものかは不明です。
しかし、ハードケース付きで、
そのハードケースのポケットの中に最初に買った時のものと思われる
品番と値札のタグが入っていてそのラベルが古そう(漠然w)だったので
20~30年ぐらい経ってるのかもと思っています。
でも、ペグの金の部分は割とぴかぴかなので
新しいのか古いのか、自分には見当もつきません。
値段は、中古やしそんなにすごく高価なものではありません。

わたしは全くギターの種類に無知で
この茶位さんという方も、こうして実物を購入してから調べて
ああすごい方なのかも。。と知った位で。。
ただ、あまり何本もギターが欲しくなるタイプではなくって
1本買ったらたぶん延々とそれを使い続けるのは目に見えていたので
前々から、もしギターを買うならば
日本人の職人さんが丁寧に作ったものが欲しいな と思っており
思っていた通りのものに出会えて嬉しい限りです。
(なぜ日本人かというと、もしリペアが必要になった時にそこに頼めるから安心かなと)

何しろ、ナイロン弦とスチール弦で違うものになるという。というのも知らなかったくらいでw
アコギを買おうとしてたなら、それくらい調べなさいよ と自分で自分に言いたいです。
これで良くも、自分の思うものが買えたなと
ちょっと引きが良すぎるんじゃないかと よく分からないけれども巡り合わせに感謝しております。

わたしの使っているのは、ナイロン弦のやつなのですが
たまたま弾いてその音が気に入ったから購入したので、
もともとどうしてもナイロン弦というつもりでは無く。。
他のものを弾いているわけではないので、ちゃんとした違いは分からないのですが
お店のひとが「これはナイロン弦の割にはすごく弾きやすくていいんですよ」と
仰っていて、
チャッチャッチャと弾いていたのをみて、ああこれや!と一気に欲しくなりました。
確かに初心者の自分にも押さえやすくて弾きやすいような気がします。

もう、溺愛みたいになっているので、自慢しか出てきませんがw
ライブではエレキの方が、自分の思ってる音空間に近くなる気がするので
ケースバイケースだけど、
エレキを持ってゆくかもしれません。
でも
この音を聴きたいが為に毎日毎日ケースから取り出して練習している部分もあります。
とにかく、音が甘くて、弾いていて楽しい。

まだ、上手く録音でこのギターの良さを引き出せてない気もするので
(単に演奏が下手というのも多分にありますが)
このギターの為にも、これを作った方の為にも
(調べたら数年前に亡くなられているみたいなのですが。。)
日々精進やな と言い聞かせております。
わたしは、実はあんまりモノに思い入れを持つことが少なくって
あれこれ買っても、買ったことに満足してそこで終わることが多いんだけれども
珍しくモノについて愛情を持ってしまいました。
このギターとの出会いがあった2013年、むねに刻んでおきます。
by wankorosan | 2013-12-18 11:34 | 音楽とか
<< Final Sunset 天使のクッキー >>