<< 名前をつける しにたくはない >>

街の記憶

たとえば、
初めて降りた駅からしばらく歩いたとき
あまりにもありふれた景色に、内心がっかりしながらも
そこを歩く人たちの暮らしに思いを馳せてみたり。
この景色は自分にとっては、割とどうでも良いぐらいに平凡だけど
ここで暮らしてきた人たちの想いが沢山染み付いていて
あの路地にあの思い出が
あの看板にあの記憶が
満ち満ちているんだけれども
全ての景色は、ただそこにあるだけで
意味というのは、思い込みという言葉にそのまま置き換えてしまっても
構いはしないんじゃないかな

街だけでなくて、建物の中でも、誰かの家でも。
そこでずっと過ごしてきた人たちの記憶は、その人だけのもので
ふらっと入った自分には、あの路地とその路地の見分けもつかない。
わたしは、ここにいるのに、いない。
そしてわたしの思いや記憶は、ここではないどこかに
置いている。

街は、巨大な水槽であって
中身は流動的で流れ続けている。
街は、悲しんだり喜んだりもしない。
けれども、わたしたちは
ここはわたしの街と、口にしてしまう。
口にすればそれは嘘になる。


というような曲を今作っております。
f0154000_19115580.jpg


※追記
できあがりました。
出来上がってみると、風景は風景のままである というつもりで作り始めたのに
なんだか逆説的な感じになってしまいました。
ノスタルジー。
次のアルバムに、収録いたします。
by wankorosan | 2014-03-07 19:15 | 日常な感じ
<< 名前をつける しにたくはない >>