<< 柴太郎完成 犬フィギュア柴太郎 >>

ねむりを待つあいだ

こちらへ引越ししてから、早や1ヶ月が経ちました。
仕事へ行かなくても思いのほかやる事が多くて、あっという間。
とにかくちゃんと生活をしたいと思って暮らしているとすぐに時間が経ってしまう。

毎日会社へ通っていたときには、毎朝決まった時間に起きて
支度をして、電車に乗って・・・という繰り返しがとにかく苦痛だったのですが
仕事を辞めるときに「やっと早起きから解放された!」と喜んでいたら
こちらでは、ゴミ出しが当日朝8時までで
さすがに前日から出しておくのはマナー違反だろう、とのことで
(マンションでは半数以上が夜間出しだったけど・・)
結局火曜日と金曜日はゴミ出しのために7時半ぐらいに起きています。
それ以外の日も、なんだかんだと23時から0時の間には寝ており。
起きる時間は少しゆっくりになりましたが、それでも9時には起床しています。
もう元々の体内リズムがそれくらいで出来上がっているので、23時に眠くなってしまう・・

今までずっとマンション住まいだったし、ゴミ出しが緩い地域にばかり住んでいたので
ゴミのために起きるなんて習慣が無くて想定外でした。
あとゴミの分別も(大阪市とか新宿区とか以外の人には常識なのかもしれませんが)細かくて
燃える、燃えない、プラ、リサイクル、、、あとなんだっけ。。
全部捨てる曜日が違っているので、週に3回4回ゴミのために起きなくてはならない。
分けトンという豚マスコットがにくらしく思えてきます。
いや、こんな発言はエコじゃない・・・
(分別自体はホントにちゃんと処理してるのであれば良いことですよね。)


ここまでが今回の内容の前書きで・・・
寝すぎたり、悩み事があると眠れなくなる夜ってありますよね? という事を書こうと思っていたのですが
今のところ、そんなこんなで眠りが余ってる感はなくって
すぐに寝てしまいます。

昔、小学生ぐらいの頃だったか
谷山浩子さんというシンガーソングライターのエッセイを読んでまして
その内容で今も覚えていることがあります。
(わたしは5つ上の姉がいる事もあり、まあまあ早熟な感じの読書家でした、小学生の頃は)

寝付けないとき、暑いとか寒いとかそういう明確な理由もなくって
ただ何となく眠れないときにどうすれば眠りにつけるのか?
こころの中で喋っている独り言を黙らせて、無意識を維持すれば
いつの間にか眠りに落ちてゆく
というような内容でした。

これを読んだときに、そういえば声を出さずに喋っているこの心の声は
どういう仕組みで自分に認識されるんだろうか、とか
この声はどういう音で頭の中で再生されているんだろうか、とか
いろいろ考えたものです。
そしてこれは是非やってみようと心に決めていました。
しかし小学生ぐらいでは寝付けない晩なんて滅多になくって
この方法を実践する機会もなく。

もっと大人になってから、なぜか時々思い出してこの方法を試そうとするんだけど
ぜんぜん上手くいかない。
心の声を黙らせるのって意外とむずかしい。
意識的に黙っていてもいつの間にか何かを考え出してしまっているもんです。
特に、悩み事や嫌なことがあった時なんか、いつの間にかまたその思考が出てくる。。

それを上手く解決する方法を、先日、偶然にネットニュースか何かで目にして
ああこれで点と点が繋がった!!という気持ちになりました。
  「とにかく心のなかで、あーーーーーーーといい続ける」
これは別にいーーーでも、うーーーでも何でも良くって
声を出しているわけではないから、物理的に息切れをすることもなく延々と続けるのが可能で
これを心の中で言い続けている限り、別の思考が入ってくることは無い。

あまり寝付けない晩が少ないので、まだ2度ぐらいしかやっていないのですが
とりあえず2度は成功しております。
毎日の仕事に追われることがなくなると、疲れ切らないし
これを実践する機会が増えるのかな、、、
なんて思っていたのですが、
今のところコテンと寝ております(*´ェ`*)
f0154000_184462.jpg

さようならが布団の中で冷たく横たわっているのか、どうか、
分からないままに眠りについてしまう。。
by wankorosan | 2015-07-03 18:08 | ヒトリゴト
<< 柴太郎完成 犬フィギュア柴太郎 >>