<< 音楽はカネにならない(*´ェ`*) 8月は3都物語です >>

総括

無事に8月の3都物語、終了いたしました。
お誘い頂いた皆様、各会場の皆様、観に来てくださった皆様
ほんとうに有難うございました。
それぞれの場所で心から幸せな時間を過ごしました。

神戸では貝つぶさんのお誕生日ということもあり、
皆がお菓子好きの貝つぶさんのために持ち寄ったお菓子が
テーブルの上にたくさんあって
それを出演者も観覧者も皆が自由につまみながらライブを楽しみました。
f0154000_13113531.jpg

f0154000_13114812.jpg

貝つぶさんは小堀さんのVJを迎えてのギター演奏で
波のように静かに美しくゆらめく音と、
それと連動した白い壁に映し出されたアナログVJが白昼夢のようでした。
猫山さんはもう何十年やっていらっしゃるんだろう?
長い積み重ねの深さをはらんだ可愛らしさとみずみずしさ。いつかああなりたい。
GALs the PUNK !!!は可愛い女の子3人がニコニコときわどい歌を歌って踊ってて
時々ドキッとするぐらい格好いいトラックとビジュアルがまぶしかった。
戸川さんはまだ二十歳らしい。希望とピュアネスが輝いていた。
わたし二十歳のころ、何もみえてなくってもっとどんよりしてたしあんなに輝いてなかった。
松野さんは落ち着き払った雰囲気なのに年下やった。年齢ってあんまりあてにならない。
確固とした世界観が定まっていて、そこへ誘い込む気持ちいいトーンの声。
場面が目の前に映し出されるような歌とおしゃべりが素敵だった。

京都の日も、なんとゆすらごの黒田さんのお誕生日。
神戸でのライブが久々だったのと自分が尊敬する人ばかり観ていらっしゃったというのもあり、
ど・ど緊張してしまった反省を生かして
イメージトレーニング?を重ねて行きました。
相変わらずミーンモイリーもドリンクも美味しいし猫はかわいいし
何時間でも居たい居心地のよい大好きなお店。
NObLUEさゆりさんの可愛い可愛いお嬢さんのおかげもあり
アットホームで優しい時間でした。
皆で何回も黒田さんのお誕生日おめでとうと言って、それがすごく幸せな気分でした。
f0154000_13123216.jpg

f0154000_13125433.jpg

f0154000_1313159.jpg

シャラポア野口さん、最近初めてお会いした人の中で
一番のインパクトがありました。今もまだ、時々思い出します。
とにかくものすごく沢山の本を読んでいらっしゃるそうで、
語彙が豊富で面白くてライブ前もライブ中もライブ後も(深夜帰るまで!)
ずーーっと溢れる蛇口のようなテンションでお喋りされていて、底知れない才能を感じました。
ふくらはぎばたけ竹内さんは久しぶりにお会いしてライブも久々。
円盤でのレコ発を観に行って以来ですね。
歌っていないのにどこか歌を感じる足踏みオルガンの演奏。
最近は専らオルガンらしいです。
どの楽器を演奏していても、独自のリズムを持った彼の音楽ずっと好きです。
NObLUEさんは、痛みや悲しさやそういったものをすっぽりと包んでしまうような
大きな優しさを持った音楽だと思いました。
イノセントは内側に影をひそめているから美しい。
前に並べていた眼がぴかぴか光る犬のオモチャがそのまま音楽の象徴となっていた気がしました。
ずっと気になっていた浜松のCOTEFのお話しいろいろ聞けてうれしかった。
また浜松まで食べにゆきたいです。

この日はけいくんが花火を買って来てくれて
前の公園でみんなで花火をして夏を惜しみました。
今年の夏が来たのはけいくんのおかげやなあ、ほんとに。
翌日に、ゆすらごの2人と一緒に食べた近所のキッチンパパという洋食屋さんのランチが
それはそれは美味しかった。
洋食をいつも食べきれないんだけど、このお店は食べ終わった後もまだいける、と思った。

大阪でのライブは久々の雲州堂。
久々といっても、今までドラムでしかあそこで演奏したことがなかったので
歌をうたうのは初めてだから初めましてですね。
バンドで出演した時も他の方の演奏を観に行ったときも
いつも、ここ音のバランスが素晴らしいなあって思っていましたが
いざ演奏したら本当に気持ちよく歌えました。
人前で演奏するのは好きではない、と言い切ってしまった後にアレですが
この日は、場所と自分の音を溶け込ませる楽しさ というのを初めて感じました。
f0154000_13133157.jpg

f0154000_13134951.jpg

f0154000_1314288.jpg

寺田さんの歌声は穏やかですごく心地よい。
暮らしと音楽、人と音楽がひと繋がりになっていて
彼の目で見ている世界の断片をそのまま見せて貰ってる気持ちになりました。
森田さんは、もう10年以上も彼の歌を聴いているので
いつもまたこの場所に戻って来たという気持ちになります。
影の中に一筋光があって、その光が、ほんの一瞬だけきらりきらりと輝く。
そのきらめきを大事に大事に抱えて歌っているひとだと思っています。

この日は、久々におにまるくんに会えました。
急遽のお休みで直前になってこのライブを知って駆けつけてくれたらしいのですが
残念ながら自分の演奏は終わっていました。
昔からの自分の作った曲をずっと知っている数少ない人なので
今の自分の曲を聴いてどう思うのか、ちょっと感想を知りたい気もしますが
まぁ・・・相変わらずだね、と言われるような気がします。
彼のギターをまた聴きたいのですが、今はお店がとても忙しいらしいです。
しかし物事には頑張るべき時期がある、ということを彼もよく分かっていて
やるべき事をはっきりと自覚していてそれをこなしている、自信がある人は
やっぱり話していて面白いし気持ちよいなあと思いました。
お互いに大学生の頃から知っていて、良いときも悪いときも知っていて
今がいちばん自信にあふれた雰囲気で良い顔をしていると思いました。

わたしも、いつも今がいちばん良いと思っています。
特に東京へ行って、今までに経験したことがないことをひとつずつ始めてゆき
それをひとつずつ慣れていってひとつずつ出来るようになる
それを繰り返すことで、自分なりの物事の進め方も分かり
できる様になるんだ、という自信もでてきました。
出来ないことをできるようになる楽しさ。
リアル中二の頃、できる事しか出来ないよね なんて澄まして言っていた自分が
こう大人になるとは自分でも驚きです。
短期間でライブを幾つかやらせて頂いて、ほんとうに経験値上がった気分です。

しばらくはライブの予定もないので、ひとりでの録音と新曲作りに戻ります。
ひとりで黙々と作るのが性にあっているし、好きなのですが
モチベーションは人と会うことで保たれるのだなあと、しみじみと噛み締めました。
音楽をつくっていく作業は、自分の内面を掘り進めてゆくことなんだけど
やっぱり新しい音楽は刺激になるし、ひとに褒めて貰えたらすごくうれしい。
ひとりでは何も出来ないし、ひとりで終わっても仕方ない。
別に仲が良いとかそういうのも抜きで
良い音楽や美味しい料理や素敵な空間をつくる、
ベクトルが似ている共感尊敬できるひとが沢山身近にいるなんて
ぞくぞくするくらいに幸せです。
by wankorosan | 2015-08-28 13:23 | 音楽とか
<< 音楽はカネにならない(*´ェ`*) 8月は3都物語です >>