<< 大きな輪のなかに てくらがりライブ風景 2015... >>

レコードの針

さいきん、寒くなってきたので
家の中で一番日当たりの良く暖かい部屋(通称3階)で昼間は作業をしています。
我が家の中で最上階なので、海も見渡せてとても景色がよいのです。
f0154000_140621.jpg


この部屋はわたしはパンダ氏の所有するレコードやCD、本や録音機材が置いてあって
普段録音をするときや練習をするときに使っています。
あとはお客さんが来たらこのお部屋で宿泊できるようにと
お布団も揃えてあります。

以前からターンテーブルはあったのですが、アンプが無くて
もう何年もレコードは聴いていなかったのですが
せっかくなので、アンプ無しで聴けるレコードプレイヤーを購入しました。
f0154000_1402431.jpg


今は滅多にレコードを買うことはないのですが
学生の頃はCDとレコードを比べると、レコードのほうが買う比率が高かった気がします。
まぁ、時代でしょうか。
わたしが学生の頃といえば、DJ文化・・・
フリーソウルやカフェアプレミディなんかの影響で
ソフトロックや昔のソウルなんかのアナログレコードを買うというのがオシャレというかw
CDとレコードがあれば、まぁレコード買うよね、みたいな雰囲気があり。。
わたしはバンドマンだったので、割とそういうオシャレ文化は横目で眺めるというか
ちょっと薄っぺらく感じていたのですが
それでもレコード屋さんへ行けば、品揃えはアナログレコードが中心なので
レコードから買うものを選ぶという感じでした。
あとは、単純にCDの再発がまだ今ほどされていなかったり
アナログの方が値段が安かったというのもありますが。

もっと遡れば、自分が小学生ぐらいの頃はCDが出現する前だったので
親が家に揃えていたのはレコードやカセットテープの童謡集であったり
子供向けクラシックレコード集であったりしたし
アナログに普通に馴染みもあった最後の世代ぐらいなのかもしれないですね。

・・・少し話しが逸れましたがw
とにかく、3階で作業をするようになってから
昔買ったレコードをかけるようになりまして。
もう、ここ10年ぐらいはずっとCDをリッピングしたものをパソコンで再生する
というスタイルだったので
i tunes のリストに無いものは持っていないと思っていたのですが
アナログであれも持っていた、これも持っていた と
かなり新鮮な再会を果たしております。
アナログの方がいいアルバムたくさん持っているかも・・・と思ったりw

CDやMP3よりもレコードのほうが音が良い
という意見はとても良く聞くのですが、
わたしの場合は、再生する環境が違うのでイマイチわかりません。
同じスピーカーで同じアルバムを再生したら分かるのかもしれませんが・・・
しかも、先日購入したレコードプレイヤーは
モニター用のスピーカーに繋いでいるとはいえ、造りがちゃちくて
お世辞にも音が良いとは言えないものです。
盤が少し反っていると、音がゆがんでしまうし。

でも、レコードを聴いていて思ったのは
アナログで録音されたものは、
やっぱりアナログで再生したほうが空気感が出るんじゃないかな 
と。
聴いているものは、ほとんどが60年から80年ぐらいの間の年代のもので
たまに90年代のものもかけますが、
おそらく年代からして、録音もアナログテープで行われたものと思います。
それらを、少し歪みはあるものの、レコードプレイヤーでかけていると
何だかタイムスリップしたような気分になるのです。
音質が歪んだり、揺らいだりしているのを聴いていると
小さいころに部屋で聴いていたレコードってこんな感じだったっけと思い出したり・・
同じものをCDで、おそらくデジタルリマスタリングされたであろうものを
聴いていたときには感じなかった感覚です。

音の良さをクリアーさとするならば
わたしの再生環境では、CDやMP3のほうが断然音が良いのですが
いわゆる「音が悪い」ほうがしっくり来る自分には、アナログの雑味がたまらないです。
たぶん、アナログが音が良いと仰る方の大半は
こんな邪道ではなくて、ちゃんとアンプやスピーカーを揃えて
綺麗に録音された盤質Aのジャズセッションやクラシックコンサートとかを聴きながら
このホーンの音色の艶が・・とか、そういう意味でそう言っているのでしょうが。。。w
今更ながら、アナログの音の気持ちよさを再認識しています。
by wankorosan | 2016-01-13 14:04 | 音楽とか
<< 大きな輪のなかに てくらがりライブ風景 2015... >>