<< 衣替えした 世代論 >>

ボサノヴァ、とか。

先日髪きりに行ったときにですね
当然のごとく音楽がかかっていたのですよ。

まぁ 私だけはでなくて
音楽やってる方は皆さんそうだと思うのですが
お店に行ったときにかかっている音楽というのを
いつも結構気にして聴いてしまうほうなのです。

で、私のいつも行っているヘアサロンは
割と女性ボーカルのシンガーソングライターが多いのですが
こないだは珍しく途中でボサノヴァがかかっていまして
「ああ またボサノヴァかぁ」なんて思ってしまったのですよ。

いつも思うのですが
お店でかかっている音楽でダントツに多いのがボサノヴァ、ですよねw
確かにハズレないし誰が聴いてもイヤな気がしないしオシャレっぽいしね。
でも、なんだか食傷気味やなぁ と思ってしまうのも事実ですよね。
もうとりあえずボサノヴァかけといたらオシャレっぽいんじゃないの
って気分がありありにあるのですよ。

そりゃ私もボサノヴァ大好きですよ ええ。
心地よい素敵な音楽です。
アストラッドジルベルトは素晴らしいシンガーだと思うし
トムジョビンやジョアンジルベルトは偉大と思う。
だけれども、というか、だから、というか。。。
この消費されている感が堪らなく居心地悪いんですよね。
ショップのみならず
ショッピングモール的なところでまでかかっているのを聴くと
なんだか陳腐なものになってしまうような気がする。

そういえば
イデーさんとかインテリアショップでコンピレーションCD出してるじゃないですか。
部屋でかけたらオシャレっぽいのばっか集めてるやつ。
あれって選んでるのは音楽オタクみたいな人なので
セレクションが異様に渋かったりレアだったりすることも時々あるのですが
まぁ そんなのは関係なしに 
あれ買ってお部屋でかけて、なんかオシャレな生活でいいよね
っていう発想もまた、音楽って雑貨小物とおんなじ消費物なんだなぁと思う。
なんていうか手軽ですよね。あれ買っておけばハズレないし。

でも
苦労せずに当たりだけをサクっと買って聴いて
わたしって何かオシャレ☆って思っても
そこで満足してしまって、それ以上は何も拡がらないじゃないですか。
もし自力であそこまでたどり着こうと思ったら
結構な時間と労力とお金と知識が必要になりますよ。
全然オシャレじゃない、ドロドロな努力が必要になるw

高いお金を出して買ったレア盤に当たりの曲が1曲しかなかった><
みたいな経験て、音楽好きな人なら誰でもあると思うのですよ。
でもそういう回り道をするから
音楽を消費するのではなくて身につける、というか、ほんとうに楽しむ、というか。。。
結果として同じ音楽を聴いているにしても
その態度が違うような気がします。

勿論、訳も分からずに聴いて「これ何かいい」って思う
そのインスピレーションは大事だとは思いますよ。
でも、その「何か」を追求せずにそのまま終わってしまうことが殆どだと思うのです。

まぁ どちらがいい、とか偉い、とかそういう事ではないのですが。
(消費されることで結局アーティストにもお金が入るのです)
わたしはどちらかといえばオタク側の人間なので
やっぱりそっち寄りな見方なんでしょうねw

そんな事をいっても
私はレコードコレクターではないし(データだけでも全然おk)
さっきの「オシャレコンピ」だってなんやかんや文句言いながらも
手軽なのでこっそりレンタルで借りてリッピングしたりするのでw

本気でレコード好きな人からみれば結局似たようなもんかもなぁ。。。
by wankorosan | 2007-11-10 20:25 | 音楽とか
<< 衣替えした 世代論 >>