<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

東京をみおろしてみた

先週の土曜日。
色々な情勢がどうなるのかわからないので
ちょっと静岡辺りに避難がてら旅行でも・・・
なんて思ってたら今度は
いこうと思ってた富士宮辺りが揺れてしまったので(´・ω・)
大人しく都内で様子見することにしました。

しかしせっかくの3連休、どこかに行きたいよね
ってことで
今まで行こう行こうと思って行きそびれてたベタな観光
東京タワーと月島へ行ってくることにしました。

東京タワー、下手したらチャリでも行けちゃうくらいに近いんだけど
うちからは全くみえず、八丁堀の会社からも全くみえず。
地震があった日に徒歩で帰宅したときに丸ノ内付近からすごく大きいのがみえて
こんなに近かったんやなとちょっと驚きました。

最寄りとガイドされていた神谷町駅を降りても全くタワーはみえず
ホントに近くにあんの?
なんて半信半疑でしたが、角を曲がったらいきなりでてきた。
f0154000_22594917.jpg

向いの教会もいい感じ。なんて思ってみてたらこないだのアド街にも出てた。
有名なとこなんですね。
f0154000_2303825.jpg

しかし教会をはじめ寺院や墓地がこの辺りは多く
そのせいかタワーの施設内も独特の空気感。

霊感的なものは皆無に等しいのですが
それでも感じるこの薄暗さ。
そして蝋人形館の必要以上の地場の違和感w

この日は節電の為ということで、一番高いところまでは登れなかったんだけれど
それでも東京の街を心ゆくまで眺められて満足でした。
f0154000_231084.jpg

大阪の通天閣や香川の丸亀タワーなどにも登ったけれども
やっぱり密集具合が違いますね。
これはたしかに、地方から出てきて修学旅行とかでいきなりここに登ったらびびるかもしれんw

ちょうど夕方だったので、陽の入りを見ることができました。
なんかの映画のセットみたい。
f0154000_2311521.jpg

こんなんみたのいつ以来だろ。
大阪にいたときからずっと、ビルばかりあるとこにいたので
いつの間にか陽が沈んでだんだん暗くなってばかりでした。
自分が小さい頃のうちの実家の周りは結構田舎だったので
学校の帰りに遠くの山に夕陽が沈むのとか毎日みえてて
多感な頃にはセンチメンタルな気分になったものです。
今みても、夕陽はかなしいもんですね。

しかも生きるか死ぬかを連日テレビの報道でみてばっかりだったので
この日の自分には余計にドラマティックに映りました。

暗くなってきてだんだんと灯りがつきはじめるんだけど
やっぱり心無しか、いつもより暗いんじゃないかと思う。
f0154000_2314228.jpg

ちょっと前にラーメンバトルのイベントで某高層ビルの47階に登ったんだけども
その時の夜景はもっと無数にキラキラしてました。
でも、もうこれくらいでもいいんじゃないのかなとも。
便利すぎなのはキリがないし
ちょっと物足りないくらいがちょうどいいんじゃないのかな。何でも。

お茶も飲んでゆっくりじっくりと展望台をみた後に
ウワサには聞いていたけど初めての蝋人形館へ。
受付のおねえさんで既にオカルティックな雰囲気がw

中に入ると、さすがにガラガラで自分たちの他には誰もいなくって
それが余計に不気味さを増長させていました。
f0154000_2332477.jpg

気味が悪いなぁ なんて思いながら
似てるのか似てないのかよう分からんけどまぁまぁ面白いな
f0154000_232211.jpg

(ビートルズは自分の知る限りでは似てないw)
なんて思いながら、部屋を出ようとすると奥に特別室みたいのがあって
そこには「撮影禁止」の貼紙が。

ちょっとドキドキしながらも中に入ると
いきなりクラウスシュルツ・・・
さらに奥にはアシュラテンペルコーナーなるものもあって
これは蝋人形ではなくって森の舞台のセットみたいなのが。
後で調べてわかったんだけど
このジャケを立体化したみたいです。
f0154000_2323045.jpg

そしてナゾの小物ディスプレイ棚が2つあって
そこにはあまり脈絡のないようなキャラクター小物が飾ってあって
大阪の古着屋さんによくあるみたいなレトロ小物とか動物のフィギュアとかそんなんが
なんで蝋人形館に?

この場所の醸し出すサイケデリックな光線にクラクラしながらも
コレクション棚を眺め、物販コーナーを眺めて
f0154000_2384425.jpg

やっとの思いで外へと出ました。
f0154000_2381784.jpg


カルトスポット おそるべし。


次の目的地、月島もんじゃへは神谷町から直接は行きづらかったので
日比谷線に乗って築地まで行き、そこから歩いて行きました。
途中で通った大きな川は隅田川。
リバーサイドに高層マンソンが沢山建っていて、初めて八丁堀に来たときに
ゑさんが「トレンディや!」としきりに言っていたのを思い出しますw
確かに景色はよさげなんだけどちょっとどの駅からも遠いなあ。
まだまだ先だけど、四谷の次に住む街を今からアンテナ立ててみてるんだけど
駅から遠いとか通勤電車が混んでるとかが当たり前なのが悲しい(´・ω・)

築地から30分くらい歩いて(節電のためか道もえらい暗かった)
やっともんじゃ屋さんが立ち並ぶ月島界隈へ。
なんていうか、観光地やね。
なんとなく昔行った、ディズニーランドに入ったら左右にお店が立ち並んでる
のをみたときに人工的な雰囲気を感じたのを思い出した。

普段は人気店にはすごい行列なんだろうけれども
さすがにこの日はそうでもなくって、第一希望のお店こそは入れなかったけれども
その本店の方には待たずに入れました。

もんじゃというものをちゃんと食べたことがなかったので
1枚目はお店の人にやって貰いました。
まずキャベツと具材だけをコテでよく刻んで、
それを丸く伸ばして真ん中に穴をあけて中にダシを入れて焼けたらちょっとずつ食べる。

どうやら今どきのトレンドらしい餅チーズ明太子。
んんー なんかスナック菓子やね。
しかし値段は1,000円以上したしスナック菓子じゃなかったぞ(´・ω・)

2枚目は教わった通りに焼いてみる。
お好みマスターのP氏大奮闘。
f0154000_2335818.jpg

これはベビースター入り。やっぱりスナック菓子w
しかし値段は(ry

なんやろ
美味しいか美味しくないかといえば、美味しいんだけど
美味しさが控えめというか。
お好み焼きとかタコ焼きって香ばしさや食感もあからさまに美味しいのに
もんじゃってなんか頬張れないし
よう分からんなあって思ってるうちに食べ終わってしまう。
でも食べ進めてしまうから美味しいのかな。

とりあえず、はっきりしてるのはコスパ悪っ っていう印象。
価格がこの半額ならまた食べたいです(`・ω・´)
会社のひとにあとでその話したら、月島だから高いんだよって言われました。
でも関西でいうところのお好みやタコ焼き屋みたいに
どこでも店が点在してるって感じでもなく
行こうと思っても探さないとない気がします。

んんー

やっぱり東京はラーメン一択なんかな(´(ェ)`)


そうそう
この日、一番心に焼きつけたいと思った言葉。
f0154000_2344863.jpg

エジソンはやっぱり偉大やな。
by wankorosan | 2011-03-27 23:09 | おでかけ

こんな時にでも音楽をやろうともやめようとも思わない ただ隣に置くだけ

もう先月になってしまったのかな。
飯田橋にある日仏学院で行われた
CCMC2001(conetmporary computer music concert)へ行ってまいりましたヽ(*´∀`)ノ
f0154000_1656425.jpg


細々と、しかし定期的にwebなどでお互いの近況報告をしあっている
サウンドアーティストである石上和也さんがこの公募に入選されまして
その演奏を観にいきましたです。

自分では他に良い言葉がみつからないので敢えて「ノイズ」と表現しますが
ときどき、メロディもコードも言葉もうたもしんどくて、もういらない と思うときに
彼の音を聴くとフラットに戻れます。
手法などあまり詳しくないのでどうやってこの音を出してるのかなと
気になることもあるのですが
(以前にアップルストアのインストアで手法をざっくりと説明されてたんだけど
 むつかしいし色んな設備がいるんやな と思ってそれ以上は追求せんかった)
それらの音を音として聴くのが好きなのでそれでいいやと思っております。

昨年に町田で行われた「デジタル・インターコネクション2010」では
演奏がすっかり終わってから会場に駆けつけた
という苦い思い出がありまして(´・ω・)
今回はちゃんと観られて良かったです。
f0154000_16565855.jpg

学院内にあるミニシアターのようなホールで
なんというかアカデミックな雰囲気漂う客層の中での演奏で
そんな中で石上氏は一体どんなのをやるんやろ?
なんて思ったのですが
いつも通りの演奏でちょっと安心w
しかしいつもの会場と違って沢山のモニターが置いてあって
音が抜群に良かったです。

自分はあまり学術的なことには詳しくないので
そのお客さんたちがどういう気持ちでこういう音楽を捉えているのかは
わからないのですが
他の入選作品も幾つか聴いて、彼の音楽は
やっぱりパンキッシュやしアンダーグラウンドやな
と感じました。

的外れだったら恐縮ですが、他の方のやつは音を使ってこういうのをつくろう
というのが具体的すぎて
それが居心地の悪さというかそういうのをやや感じるところもあって
その気持ちは、例えばテレビをつけたら教育テレビとかでやってる合唱コンクールの画像だったり
演劇の映像だったりを観たときのものに似ていて
自意識を感じるというのだろうか、そういうものなのかもしれんです。

もう半年以上も前に頂いていて
いつか紹介しようと思っていたのが
石上さんが仲間の皆さんと一緒に作成しているCD付マガジンの「DARRA GAPPA」です・
f0154000_17284379.jpg

ノイズサウンドアーティストの皆さんが書き下ろした漫画+音源で500円です。
皆さんかなり達筆で漫画も文章もその人となりが出ていて
その混沌さが音源の世界とシンクロしていて
今とかく関西特有のドロドロしたものを欲している自分は
時々思い出したように読み返したりします。
なぜかこれ眺めているとベアーズの空間や匂いを思い出すのですよ。
f0154000_1817878.jpg


日仏学院での演奏を聴いた帰りに
このコミックのことをぼんやりと思い出しながら
石上さんの演奏に感じた近しさの根底にあるのはこういうことなのかな
などと考えたりもしました。

*もしこのコミックへご興味もたれた方あればこちらのサイトへ(*´∀`*)
by wankorosan | 2011-03-21 18:14 | 音楽とか

近況報告などなど

特に西日本のみなさま。
いろいろ心配頂きありがとうございます!
たぶんテレビの報道などで色々とつらそうな事ばかり流れているので
東京もさぞかし・・・と思っていらっしゃる方が沢山いそうなので
とりあえず、こちらは何ともないよヽ(*´∀`)ノ と申し上げておきます。
東京は被災地ではありませんし、身の回りではさしたる被害もみられません。
どうか必要以上に気を揉まれないように。。。

しかしながら原発の状態がかなりシリアスなのも
停電が行われているのも、街が節電で暗いのも
品物によってはスーパーでうりきれだったり
電車のダイヤが不安定だったり
ガソリンスタンドにものすごい行列ができてるのも事実であって。
やっぱり今までの生活とは違うことも沢山あって
なんだか皮肉なことに、今までずっと東京に住んでいる実感がなかったのが
一気に自分はいまここにいるんだなと
その日常を受け入れられるような気持ちになりました。
一歩違っていたら
自分も大阪から何だか夢のような気分で悲惨な報道をみて
東京は電気止まって大変やなー なんて言いながら
変わらない生活していたかもしれない
というのがなんだか不思議で
まぁこれも自分にとっては通るべき経験だったのかなと思ったりもします。

あまり身の回り以上のことをあれこれと触れるような性格ではないので
この先何事もなければこれにて通常営業とさせて頂きます!

なんだか不安な気持ちでいる皆様へ
素敵な演奏が届きましたので貼っておきます。
じんわりと暖かい気持ちになりますよ(*´ェ`*)


by wankorosan | 2011-03-20 14:28 | 日常な感じ

館山旅日記 つづき

地味に忙しく、引っ張る気もないのに引っ張ってしまいました。
もう3月ですねー
てことで

つづき。

f0154000_22184667.jpg

1時間に1本しかないバスに無事に乗り込み
日帰り温泉のある某休暇村へ。
路線バスは地元の人と観光客と半々くらいの客層で
観光客と思われる熟年夫婦が口々に田舎や何やと景色の悪口ばっかり言っていて
田舎をバカにする為にわざわざ田舎に来たのかな と思ったり。

途中、なかなかの海辺の景色をみながら休暇村到着。
みぞれはバスに乗る頃にはもう雪になってきて
すっかり冷えてしまったので
やっとあったかい温泉に浸かれる! と喜び勇んで入ったのですが
「日帰り温泉の受付はもう終わりました」と受付のお姉さんに言われ
がっかり。。。(´・ω・)

どうしたら良いのか分からんなって
とりあえず海を望むロビーに。
f0154000_22195348.jpg

海はすごい荒れ模様w
だけど間近に眺められてちょっと満足。
部屋からこれ見られるのか って思ったらちょっと次回はここに泊まりたくなりました。
塩屋のグッケンハイム邸からも海が見えて嬉しかったなぁ。
元々、海がないとこ出身なので何だか分からん憧れがあり
海が見えたら普通の人の倍くらいは喜びますw

海みながら少し機嫌も直し、気を取り直して絶対入れる温泉を探すことに。
あいぽん大活躍。
ネットなかったらもうなんも出来ないなぁ。未来人間や。
駅の方に戻る方向にスーパー銭湯っぽい温泉があるらしい。

てことで帰りのバスを待ち、来た道をそのまま逆戻り。
さっき降りたお城の前を通り過ぎ、橋の前のバス停で下車。
そこからひたすら徒歩で、歩いたのはたぶん10分ちょいくらいだったんだと思うけど
雪の中の静かで昭和な住宅街を抜け、大通りを黙ってひたすら歩く。
もう完全に冷え切ってしまい、
これでお風呂がなかったらこのまま館山で行き倒れるかも。。。

と 限界を感じた頃に煙突が立った大きな建物。
(´;ω;`)
まさに半泣きで中に入るとあったかくてすごいにぎわい。
助かった。。。

温泉は大浴場と露天とサウナとジャグジーの構成で
賑わいの割にはお湯に入ってる人は少なかった。
ので、ゆっくり入って芯からあったまりました。
温泉の善し悪しはわかりませんが
こんなにお湯が有り難いと思うこともなかなかないくらいに嬉しかったです。
ちょっと温泉の良さが分かってきました。


すっかりあったまって生き返ったのはいいけれども
もう歩きまわるモードでなくなってしまった(´・ω・)
でもバスは1時間に1本やし、駅までは歩くと30分くらい。
まだまだ休みたい気持ちをぐっと堪えながら外に出て来た道を戻り
行きしに目をつけていた駅の近くの料理屋さんへ移動。

夜に歩く館山の街は
とにかく、人が歩いていないなぁ という印象でした。
でも車はよう通るし、所々にあるお店にはお客さんも入ってる感じ。
群馬もこんなんやね。
東京に住んでるとどこに行っても人だらけだから
歩きやすいんだけどちょっと寂しい気もする。
旅行に来るにはのんびりするし気分が変わっていいんだけども
やっぱり住むなら大阪や神戸やそれくらいの規模のそこそこ人が歩いていて
車に乗らなくても用事がひと通り済む(免許もってないから)ような
もっと言えば、電車に乗らなくても用事が済むような街がええね。
なんて、旅に出るとそこに住んだら?って妄想ばっかりしてしまうw

晩御飯は、若い店主がやっている
地元のお魚を使った創作居酒屋みたいなお店に入りました。
お値段はさすがにお手頃。
味は洗練こそはされてないけれども、頑張って作ってるのが伝わって好感もてる。
f0154000_22164820.jpg

本場のなめろう
なんか添えられてる人参がすごく色が濃いくて甘かった。
地元ショップみたいなとこで売ってたピーターラビットがかじってるみたいなあれかなぁ。
f0154000_22171067.jpg

山河焼きって名前だけ聞いたことがあって
どんなんやろって思ってたんだど想像とちょっと違ってた。
f0154000_2217481.jpg

太巻はなかなかのボリュウムでした。
f0154000_22181281.jpg


大した事はしてないんだけれども
なかなかの山あり谷あり波乱万丈で、楽しいお出かけでした。
やっぱりどこかへ行ったらそこを歩き回るのが良いですね。
車とかで目的地から目的地だけだと、その土地の匂いがわからない。
街歩き好きは、街の生活の匂いを求めたがるものなのです。

今度いつか東北の方に行ってみたいなぁ。
まだ仙台までしか行ったことないんやな・
秋田とか山形とか岩手とか、誰もいないようなイメージのあるところに行ってみたい。
by wankorosan | 2011-03-06 22:24 | おでかけ