<   2014年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

あるきだす

2枚目アルバム、なんとか間に合いましたヽ(*´∀`)ノ

6月29日(日)に京都の喫茶ゆすらごにて、ライブをいたしますので
そこで初売り(あってるよね?)いたします!!

f0154000_0241727.jpg

「すきとおってゆく」
全13曲入り、1,000円です。

ゲストミュージシャンとして、
ギューンカセット社長の須原敬三さん、
ムーンフェイスボーイズ・フムフム・マイパルフットフット・・・・のタケシタケイさん
ボルゾイ・フムフム・nan!ka・シバタ&アスナ・・・・のシバタさん
の3名が演奏参加してくれております。
マスタリングとジャケット・歌詞カードデザインはパンダ氏がやってくれてます。
(家内制手工業・・)

バンドセットのアレンジのものと、宅録のもの、
そしてここ数年しこしこと録りためていたフィールドレコーディングを加工したアンビエント?
が混在している約46分です。
作曲、歌、演奏、録音、ミックス、そしてマスタリングやジャケ歌詞カード、
自分で今出来ることを全力でやりました!
(盤面だけ、ちょっと心残りなんだけど、第二ロットからちょっと変えます)

アルバムの詳しい内容とかエピソードとかは、また帰京してからじっくり綴ります。

そして日曜日のライブもとても素敵な組合せです。

6月29日@喫茶ゆすらご
出演:トンチトリオ (トンチ×稲田誠×カメイナホコ)、てくらがり、kaccono
1500円 (+1ドリンク) 17:30開場/18:30開演
てくらがりは、録音にも参加してくれたけいくん(エレキギター)と
ムーンフェイスボーイズトリオでも活躍するまっつんさん(ドラム)の
トリオ編成で挑みます。
f0154000_0345320.jpg


わたしは多分、なにげに自分以外のドラマーと演奏するの初めてな気がします。
まっつんさんはムーンフェイスボーイズトリオでの演奏を観て
この差し引きのセンス只者ではない・・・とひそかに思っておりました。
一緒に演奏できて嬉しい限りです。
どんな風になるのかなあ。楽しみ。

関西方面の皆さま、是非ぜひ。
by wankorosan | 2014-06-28 00:40 | 音楽とか

良いマイク、良くないマイク

昨日、サウンドクラウドへ歌をとりなおした新曲を再掲したのですが・・・

↓の記事でも書いたように、この曲は元々R16という小さいMTRで録音していたものが
データが消えてしまったのでD3200で録音し直したものです。
で、同じ曲を違うレコーダーで同じように録音してみて
ふと気づいたことが。

R16は軽くて小さいというのがとにかく売りの機種でZOOMというメーカーが発売している
手頃で手軽なレコーダーです。
大体3万円ぐらい?
で、わたしが普段メインで使用してるのがD3200というKORGが発売してたもので
(もう廃番品で、7・8年ぐらい前の機種なのかな)
こちらは、躯体もガッシリしていてセミプロ向け?みたいなイメージです。
重さでいえば、10倍ぐらい重いw
わたしはオークションで中古を送料込半額程度で購入しましたが、大体元値はR16の倍ぐらい?
という感じです。
価格もさることながら、メーカーのイメージとしてもやっぱりKORGの方が音がいいんだろう
と、何となく思っていて
マイクとラインのゲイン切り替えすらないし、ZOOMはやっぱり持ち歩き用のサブだな
なんて扱いをしておりました。

しかし・・・
歌どりをしていて、ZOOMで録音したやつの方がKORGよりもなぜかしっくりと来る。
音が良いのか悪いのか、というのではなくって
自分の歌声のアラというかクセというか、、あんまり好きじゃない部分が隠れている
ような気がして、あら上手く聴こえる?と思い。。
なんとなく独特のコンプ感まであるような気もします。

思えば、スタジオ録音の為に録った仮歌が自分ではよい雰囲気で歌えた気がして
ああ歌が上手くなったんだわ と喜んでいたのですが
(半分ぐらいはこの仮歌をそのまま出来上がりに採用するつもりでいます)
これは録音機の違い(もちろん自分のコンディションもあるけど)かもしれない。

テレビで言うと、ハイビジョンよりもブラウン管の方が女優さんが綺麗にみえる
みたいな感じなのかな・・・
と、勝手に解釈してみて
試しにZOOMにマイクを繋いでそれをラインアウトでKORGへ出力して録音、
ZOOM機はミキサー代わりにして歌とりをしてみました。

まぁそれが、今回再掲した曲なのですが。。
たぶん自分以外のひとが聴き比べても
そもそもの違いすら分からないだろうし、
前の方が良いと言うのかもしれない
なぁ と思う部分もあります。
あと、「え これでOkテイクなの?w」という意見もあるかもしれないw
例によって上手い下手のハードルはかなり低めで
クリアーすぎないのを良しとする、性分と
完成度よりも雰囲気を重視する、性分で判断しているので。。

わたしの今年の目標は「良いマイクを買う」だったのですが
ちょっとこの1件で気持ちが揺らぐ部分もあります。
今まで、マイクさえ良いのを買えばもっと良い歌声が録れる
と信じて疑って無かったのですが、それが、うーん。。
せっかく買っても、音が綺麗すぎてアラが気になって使わなくなってしまう・・
という事態もありうるかもしれない。
いや 上手くなればよいのか、マイクに見合うように。。

ギターの音についても、それもまたZOOMの音が意外と良いんですよね。
持ち歩ける、という利点を生かして、部屋の仕切りドアの真ん前で反射音も含めて録音した
というのもあるのかもしれないです。
アコギの録り音については、まだどっちが良い悪いは今のところ引き分けという感じです。

そうそう
因みにマイクはBETA57を使用しておりますが
昔の自分の宅録は、もっと安いメーカーも定かでないものを使っていて
でもそっちのマイクで録った歌声、今聴くと悪くないんですよねえ。
声が若いてのもあるけどw

良いマイクだとどんな音で録れるのか は
良いマイクで録ってみないと実感出来ないので
いずれは購入するつもりでおります。
また、比べてみて思うことがあればつづります。

それとは逆に、テープMTRを入手してそれを通して歌録りしたらどうなんだろう
というのもちょっと興味があるところです。
(なんか既に同じことをやっている人がいる話をきいたことがあるような気もするけど・・)
by wankorosan | 2014-06-04 23:20 | 音楽とか

糸、意図

サウンドクラウドに新曲をアップロードいたしましたヽ(*´∀`)ノ

糸、意図

あたらしいアルバムへもう1曲追加を・・・と思って作ったのですが
まだ出来立てで歌いきれてない感じありますね。
新しい曲がしばらく歌っているうちにこなれてきて、しっくりくる感じ、好きです。
もうちょっと肌に馴染んできたら、また録り直しなどしてアルバムへ収録しようと思います。

この曲は、タイトルとサビだけずっと持っていたのですが
先日お風呂に入っていたときにいきなり、それに紐つくような流れが出来上がったので
慌てて完成させました。
しかし最後の結末が中々しっくり決まらなくて延々と考えており、、、
これでやっとピースがはまったかなという感じです。

世の中には、様々な意図が渦巻いていて
それは自分の知らないところでぐるぐると糸のように絡まり
色んなことを決めていって
それをただ 横目で眺めている
というような曲です。
無関心というのとは、ちがっていて、そっと眺めている という感じ。



今度のアルバムは、色んなひとの元へMTRを持っていって演奏をして貰ったので
普段使ってるKORGのD3200はとてもじゃないけど、重くて持ち歩けない!
ということで、もう1台の軽くて小さいZOOMのR16で録音して
それを2ミックスしてD3200へ入れてそこで最終ミックスをしてデータにしています。
もちろんR16でもデータファイルに出来るんだけど、
付属していたcubaseがPC買い換えてから使えなくって、
元々わたし自身もオーディオインターフェースに馴染まない性分なので
やっぱりテープMTR感覚でCDまで焼けるD3200が使いやすくそれでCDにしています。

その流れで、全て部屋で録音するときにも
好きな場所でギターや歌録りが出来るR16が便利だな
と気づいてこの曲は最初R16で録音してたのですが、
あらかた出来上がったときに、シールドを抜き差しした拍子に電源コードがブチッと抜け。。。
すべてデータが消えてしまい。。。
失意の中で、全てD3200で録りなおしいたしました。
まぁテイク2の方がいいって言うしね・・・(´・ω・`)
何となくKORGの方が録り音良い気がするし・・・

こまめなバックアップ、ホントに必要ですね。
MTRで電源抜けたら全部消えるってのは致命的よね。
ロックかけるように出来たらいいのに。
これにすっかり懲りて、このテイクを録音するときは
1トラックとったら電源オフ、を繰り返しました。
(わたしが持っている2台は(たぶん)いったん電源をおとすことでデータセーブできるので)

宅録されるかた、気をつけましょう。。

**歌をとりなおして再掲いたしました。6/3
by wankorosan | 2014-06-01 11:39 | 音楽とか