<   2014年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

最後の夕暮れまでは、

前記事でも書いたのですが、
京都でのライブにあわせて無事に2枚目のアルバムが完成いたしました!

サウンドクラウドへ1曲、試聴曲をアップロードいたしましたので
是非、アルバムの雰囲気を感じていただければと思います。
final sunset
サウンドクラウドは、視聴や宣伝というよりはライブの代わりの曲の発表の場と捉えているので
基本的には音源のものそのままというものは、アップロードしないつもりでいます。
この視聴曲もまた、ある程度期間が経ったら削除するかと思います。
(ちなみに、以前にアップロードした練習風景は削除いたしました。)

さて。
今回は曲数も多く、いろいろなエピソードもあるので
新しく完成したアルバムの曲解説など。

1 イエスタデイ ワズ スノウ
  今年の2月か3月かでしたっけ。東京で大雪が2度降ったのですが
  その翌日に外に出たら、雪解けの音がとても綺麗でした。
  それをフィールドレコーディングしたものです。

2 氷の女王
  「北国のカントリー調」というキーワードがずっと頭の中にありました。
  けいくん、須原さんに参加してもらった曲のうち、この曲が最も苦労されたようです。
  転調が多くてコードもよくわからない、、、いや、わたしにもわからないですw
  ちなみにタイトルや内容は、「アナと雪の女王」ではなく
  とても好きなフィッツジェラルドの「氷の宮殿」という短編にインスパイアされたものです。

3 星をえらんで
  曲が出来上がって、サウンドクラウドにアップロードした時にも書いたのですが
  「いまここにいない遠くのひとを思いながら願いをとばす」という曲です。
  最初に録音したのよりも、ちょっとテンポを遅くして
  うたの要素を大きくしました。
  自分が、歌うことを語ることだと意識して作った最初の曲です。
  派手ではないけど、しみじみとした感じになれて良いなと思います。
  最後のけいくんのギターフレーズ、コーラスぽくて好きです。

4 いろいろな色
  3月に麓健一くんのレコーディングを七針で行ったときの、休憩時間に
  七針のピアノを借りてボイスメモで録りました。
  そのときに後ろで喋っていた林谷さんたちの会話が都市伝説ぽくておもしろかったので
  そちらに思わず耳をうばわれてしまう・・・
  ここ数ヶ月、特に自分の中で熱いピアノアンビエント、のつもりです。

5 そしてひとり
  アルバムを作ろう!と思い立ってからその為に作った曲のひとつです。
  この曲はバンドセットがよく映えるなあ。
  元々は、全パートが曲の頭から入っていたのですが
  ミックスの時にメリハリを考えて徐々に楽器を出していって、何となくそれがはまったので
  かなり満足したテイクです。
  曲むずかしくて、ライブでやるときはいつもどきどき・・

6 フライデイ銀座
  タイトルの通り、金曜日の会社帰り、銀座の三越前で時報の鐘の音を録音したものです。
  金曜の晩の開放感。
  あっと思ってからボイスメモを立ち上げたので、途中からなのが残念。
  でもしばたさんの音響がクールで良い感じ。
  同じ録音を違うエフェクトで3トラックぐらい重ねています。

7 夢から醒めない
  自分の原点?的な、キーボードのみの打ち込み宅録の曲を
  1曲どこかに入れたくていれました。
  元々、この曲は15年ぐらい前に英詞で作ったんだけど
  日本語にして、シンプルな感じにリメイクしました。
  ギター弾き語りの特訓期間も、そろそろひと段落おえた感があるので
  今後こういう感じの曲も増えてゆく気がします。

8 街の記憶
  この曲もアルバム用に作った曲で、割と最後のほうに出来たので
  色々と思い入れあります。
  月島から毎日片道で徒歩15分の道のりを歩いて通勤していたのですが
  そこの風景をみながら作っていった曲です。
  途中のフィールドレコーディングも月島の公園での録音です。
  ドラマーとして上手く着地できた感じがあります。
  ただ、曲がむずかしくて歌に苦労しました。。
  最初はサビをつくらずに頭から終わりまで2度同じフレーズが出ない曲にしようと
  考えていたんだけど、結局サビ作ってそのほうが良かったのかなあと。

9 もみじ
  しばたさんの音がとにかくドリーミー。
  (ノイズも多いんだけど・・)
  元々、この曲について透きとおった青緑と茶色のコントラスト
  みたいなイメージをずっと持っていたので
  それを音に映し出すようにと思って重ねました。

10 かえりの時間
  ぱんだ氏が、厄除けに神田明神へ行ったときに、厄除け待ちをしていたところ
  ちょうどこのチャイムが鳴ったのでフィールドレコーディング。
  目の前に長くつづく下だりの階段とこのチャイムと
  夕方の少しさみしい空気。

11 エピローグ
  キーボードのみの短い曲です。
  これも15年ぐらい前に作った曲を再録しました。
  あんまり自分の好きなメロディ進行が変わってないな・・・
  カシオトーン(ラップマン)で弾いたんだけど、ある音域がどうしても耳について気になって
  そこを削るイコライジングをしていたら音の角がほとんど無くなりました。

12 ファイナルサンセット
  このテイク、バンドの奇跡かなと思ってます。架空のバンドの自分的ベストトラック。
  なのでこれを視聴に選びました。
  須原さんと録音したときに、この曲を最初に録ったのですが
  このベースを聴いた時に、ぱあっと視界が開けて一気にアルバムのイメージが決まりました。
  ミックスも殆ど録り音をいじらずに、あっという間に出来上がりました。

13 糸、意図
  アルバム用にレコーディング終盤ごろに作った曲です。
  本編としては12曲で終わりで、この曲はボーナストラックみたいなイメージ。
  スタジオでaudixのマイクを借りた時に、いい感じだなと思ってそのマイクで録音しました。
  ポロっとギター1本で歌ってみた、みたいな感じを出したかったんだけど
  実際はそこまで上手くないので歌とギターはバラで・・・
  マイク2本たてて、1本はリバーブかけてモニターで外音に出して
  そのモニター音と直の音を両方audixのマイクで拾う、という手法でやってみたんだけど
  果たしてどれぐらい効果があったのか。多少は立体感でたかな。、

  
by wankorosan | 2014-07-05 17:07 | 音楽とか

ねこはぽんぽんされるのが好き

ゆすらごでのライブ無事終わりました。
お集まりいただいた皆様、一緒に演奏してくれたけいくんまっつん、そしてゆすらごのおふた方、
本当にありがとうございました!

共演のkacconoさんは、京都のodd eyesというバンドのギタリスト岡村さんのソロです。
うら若き青年が、ぽつりぽつりとだけど自分のグルーヴでギターを弾きながら歌っていました。
静かでけだるい空気があたりを包んでいました。
誰のものでもない、彼の世界を覗き見る感じが心地よかった。
トンチさんは、もう6年とか7年とかそれぐらい昔に観て以来な気がします。
スチールパンを叩きながら歌うっていうスタイルがもうそれだけで既に格好いい。
稲田さんとカメイさんという百戦錬磨、抜群の安定感のおふたりを迎えたトリオは
南国ような明るくてカラリとした雰囲気満点で、
だけどどこか自分のなかに潜るような内省的なものがところどころにあって
楽しかったあとにふとそれが引っかかる感じが好きだなと思いました。

自分の歌や演奏は、前のライブに比べるとアルバムにかかりきりで
ちょっと練習不足感がありヒヤヒヤでした。
けいくんが大熱演しているなぁとぼんやり思いながら
しかしそれをじっくりと聴く余裕もなく・・・
まっつんのドラム、かっちりしすぎてなくてすごくええ塩梅でした。
ドラム入ると、自らリズムをどうやって裏切ろうかとか考えてしまい
練習以上に変な部分に溜めを入れたりして、まっつんやけいくんを振り切ろうとしてました。
(ここがバンドの醍醐味)
しかしこの溜めが、あまり2人に動揺を与える効果は少ないらしく
まっつんはマイペースで叩き、けいくんはなぜかちゃんと溜めに合わせてくる。。。
いやあ、良いメンバーやなあ。
この編成は回数を重ねてゆくたびにどんどん良くなれそう。
また関西でやる時にはサポートお願いいたします!

そして翌日はゆすらごのお二人に進々堂のパン食べ放題モーニングへ連れていってもらいました!
コーヒーもおかわり自由で、
とにかくお店のおねえさんが積極的に何回も何回もおかわりいかがですか?と
クルクルまわってきてくれる。
お水も何回も入れ直してくれるし、すごいホスピタリティ。

ホスピタリティといえばゆすらごのお二人もホントすごくおもてなししてくれて、
ああいうふうにさりげなく人の気持ちを気遣えるのは素敵ですねえ。
素敵なひとたちは連鎖していって輪になっている。
わたしも皆さんから頂いたやさしさを返せるようになりたいです。

終わってみれば
最後に残るのは、そこにいた人たちの暖かい空気なのかなあ。
この日のことはずっと忘れられないと思います。
ありがとうございました!!

****喫茶ゆすらごへ、てくらがり2枚目のアルバムとフムフムのアルバムを納品いたしました!
    まだお店はここにしか置いておりませんが、少しずつ取り扱いを増やしてゆこうと思います。 
    しかしどこへいつ、はまだ未定ですので
    関西方面の方で、もし聴いてみたいと思われる方いらっしゃったら、ゆすらごまで是非・
    食事が美味しい、居心地のとても良いお店です(*´ェ`*)                     ****
    

by wankorosan | 2014-07-02 15:39 | 音楽とか