レコードの針

さいきん、寒くなってきたので
家の中で一番日当たりの良く暖かい部屋(通称3階)で昼間は作業をしています。
我が家の中で最上階なので、海も見渡せてとても景色がよいのです。
f0154000_140621.jpg


この部屋はわたしはパンダ氏の所有するレコードやCD、本や録音機材が置いてあって
普段録音をするときや練習をするときに使っています。
あとはお客さんが来たらこのお部屋で宿泊できるようにと
お布団も揃えてあります。

以前からターンテーブルはあったのですが、アンプが無くて
もう何年もレコードは聴いていなかったのですが
せっかくなので、アンプ無しで聴けるレコードプレイヤーを購入しました。
f0154000_1402431.jpg


今は滅多にレコードを買うことはないのですが
学生の頃はCDとレコードを比べると、レコードのほうが買う比率が高かった気がします。
まぁ、時代でしょうか。
わたしが学生の頃といえば、DJ文化・・・
フリーソウルやカフェアプレミディなんかの影響で
ソフトロックや昔のソウルなんかのアナログレコードを買うというのがオシャレというかw
CDとレコードがあれば、まぁレコード買うよね、みたいな雰囲気があり。。
わたしはバンドマンだったので、割とそういうオシャレ文化は横目で眺めるというか
ちょっと薄っぺらく感じていたのですが
それでもレコード屋さんへ行けば、品揃えはアナログレコードが中心なので
レコードから買うものを選ぶという感じでした。
あとは、単純にCDの再発がまだ今ほどされていなかったり
アナログの方が値段が安かったというのもありますが。

もっと遡れば、自分が小学生ぐらいの頃はCDが出現する前だったので
親が家に揃えていたのはレコードやカセットテープの童謡集であったり
子供向けクラシックレコード集であったりしたし
アナログに普通に馴染みもあった最後の世代ぐらいなのかもしれないですね。

・・・少し話しが逸れましたがw
とにかく、3階で作業をするようになってから
昔買ったレコードをかけるようになりまして。
もう、ここ10年ぐらいはずっとCDをリッピングしたものをパソコンで再生する
というスタイルだったので
i tunes のリストに無いものは持っていないと思っていたのですが
アナログであれも持っていた、これも持っていた と
かなり新鮮な再会を果たしております。
アナログの方がいいアルバムたくさん持っているかも・・・と思ったりw

CDやMP3よりもレコードのほうが音が良い
という意見はとても良く聞くのですが、
わたしの場合は、再生する環境が違うのでイマイチわかりません。
同じスピーカーで同じアルバムを再生したら分かるのかもしれませんが・・・
しかも、先日購入したレコードプレイヤーは
モニター用のスピーカーに繋いでいるとはいえ、造りがちゃちくて
お世辞にも音が良いとは言えないものです。
盤が少し反っていると、音がゆがんでしまうし。

でも、レコードを聴いていて思ったのは
アナログで録音されたものは、
やっぱりアナログで再生したほうが空気感が出るんじゃないかな 
と。
聴いているものは、ほとんどが60年から80年ぐらいの間の年代のもので
たまに90年代のものもかけますが、
おそらく年代からして、録音もアナログテープで行われたものと思います。
それらを、少し歪みはあるものの、レコードプレイヤーでかけていると
何だかタイムスリップしたような気分になるのです。
音質が歪んだり、揺らいだりしているのを聴いていると
小さいころに部屋で聴いていたレコードってこんな感じだったっけと思い出したり・・
同じものをCDで、おそらくデジタルリマスタリングされたであろうものを
聴いていたときには感じなかった感覚です。

音の良さをクリアーさとするならば
わたしの再生環境では、CDやMP3のほうが断然音が良いのですが
いわゆる「音が悪い」ほうがしっくり来る自分には、アナログの雑味がたまらないです。
たぶん、アナログが音が良いと仰る方の大半は
こんな邪道ではなくて、ちゃんとアンプやスピーカーを揃えて
綺麗に録音された盤質Aのジャズセッションやクラシックコンサートとかを聴きながら
このホーンの音色の艶が・・とか、そういう意味でそう言っているのでしょうが。。。w
今更ながら、アナログの音の気持ちよさを再認識しています。
# by wankorosan | 2016-01-13 14:04 | 音楽とか

てくらがりライブ風景 20151219@難波ベアーズ

遅ればせながら、あけましておめでとうございます(*´ェ`*)
実家へしばらく帰っていたので今日から平常運転?です。
新年最初の記事は今年の抱負を綴ろうと思っていたのですが
昨年からのやり残しがあり・・・
先日のベアーズでのライブ風景をやっとアップロードし終えました。
バンド編成2回目でのライブですが、長年寄り添った感が出ています。


「星をえらんで・白舟」


「風をよむ」


ブログの仕様が変わっていて貼り付けできてるかヒヤヒヤ・・・

それにしても、バンド編成っていう言い方はそろそろもういいのかな。。
せっかく関西でメンバーが揃ったし、場所と都合が許す限りは皆で演奏したいな
と思ったこの日でした。
今年はこのメンバーで録音もしてゆきたいです。
前のアルバムで燃え尽きてしまったアルバム制作意欲が、
バンドでの練習と本番でまた火がともりはじめました。

シンガーソングライターでは、色んな人達とセッションする方も多いのですが
わたしの場合は曲の性格がセッション向きでは無いような気がします。
どちらかというと、基本は固定のメンバーでライブを重ねて
アレンジを作り込んでゆく方が良いのかなと。
でも、それにプラス、シバタさんや石上さんの電子音であったり
モツさんのスチールギターが入るのは良い感じですよね〜
すごく良い感じ!
# by wankorosan | 2016-01-06 18:54 | 音楽とか

美しい場面

いよいよ明日で今年も終わりですね。
一昨日ですが、年末だというのに
自転車に乗っている途中でお財布を落としてしまったらしく・・・
お金は全然入ってなかったけれどもカードや保険証の手続きも
年末年始で進まないだろうし、気が重いなあ、お財布も気に入っていたのに、、
こんな締めくくり方は悲しいなあとガッカリしていたら
無事に拾われて警察に届出されていました。
拾ってくださった方が近所だったので、お菓子を持ってお礼に伺ったのですが
これがまた品の良いおじいさんで・・・
こんな年末にお財布無くしたら大変だろうから戻ってきて本当に良かった
と 中々言えないようなことをさらりと仰ってました。
警察の人も親切だったなあ。。
散々な締めくくりが一転、贈り物を貰った気持ちになりました。

思えばこの1年
人が誰かを思いやるという 美しい場面を沢山みてきたなあ、、、
そして、いろんな人のあたたかさ優しさに、じんわりとしました。

年をとるにつれて
誰かが自分のために何かをしてくれたり
物事が自分にとって良いように進むことのすごさ、有難さというのを
どんどん重く感じるようになってきました。
昔はどこかに、それで当たり前と思っていたような節があったのですが
誰かがちゃんと何かをしてくれているから、世界は成り立っているんだろうな
なんてことを今更ながら、かみしめられるようになってきた気がします。

今年は
ちょうど半分を東京で、そして半分を神戸で過ごしましたが
自分がいまここで、こうしてこの美しい景色をみていられることが
本当に不思議でならないです。

自分にできることは数多くはないけれども
色んなひとたちに何かを贈ってもらえたことに
これからは少しずつ、周りのひとたちに何かを返してゆきたいと思っています。
来年の抱負は・・・また来年に綴りますw
神戸へ来て、人生のターニングポイントを曲がったような感じであるので
来年の抱負はちょっと今までとは違うようになるかな。。
今までずっと掲げてきた早寝早起きがランク外になるような予感・・w

今年かかわってくれた全ての方へ、ほんとうにほんとうにありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします(*´ェ`*)
f0154000_168133.jpg

# by wankorosan | 2015-12-30 16:15 | その他

12月ことし最後のライブです(*´ェ`*)

ことし最後のライブを、12月に難波ベアーズにていたします。
長年の友人であるfuneral beerさんの10周年記念イベントに招いていただきました!
こんな記念に呼んで頂けるとはほんとうに光栄です。

てくらがり は久々のベアーズということで、バンド編成にて出演いたします。
けいくん(エレキギター)すはらさん(ベース)まっつん(ドラム)の4人です。
2回目のバンド編成ですが、
前回のモツさんイベントの時も初めて合わせて、いきなりすごく良い感じだったので
今回はもう何年も寄り添ったような雰囲気が出るんじゃないかと期待しています。

ベアーズ、5年とか6年とかぶりなのかな。大阪に住んでいた頃には月に2・3回行っていたのに・・・
しかしながら、勝手知ったる という気持ちがとても大きくて
あそこでやれば、音もすごくいいようにしてくれるだろうな~ 
なんて楽しみにしています。

GABA GABA HEY!!!!
〜funeral beer 10th anniversary〜

2015.12.19 (sat.)
18:30 open
19:00 start

adv. ¥1,500
door¥2,000

[act]
friendly hearts of japan
traditional speech
てくらがり
mzjune
funeral beer

[food & drink]
tabii
BEARS

[decoration]
turtle's view



いつも乱暴に新曲の音源と歌詞のみを、けいくんに送りつけているのですが
(それでいつもホント素敵に仕上げてくれるから、甘えっぱなし^^;)
今回は自分の曲のコードをとって歌詞に添付しました。

最初は敢えて自分の曲のコードをとったりはしない、とか思っていたんだけど
もはやギターのカポと押さえる場所の組み合わせで、大体出る響きがわかってきてしまったので
これにコードネームをつける必要を感じなくなってきてしまい・・・
名前をつけたら、何となくアルファベットの並びの雰囲気が昔みたのと似てる気がします。
何だかあっけない。

ジェニーで曲を作ってたときは、一応コードネームをつけて曲を伝えていたので
その頃に作っていた曲と、出てくるコードとか進行がやっぱり似ているのかな。
まぁ 自分が好きな響きと進行でしか作らないから当たり前か。。
f0154000_1305072.jpg

# by wankorosan | 2015-12-19 13:02 | 音楽とか

クリスマスまでに

新曲2曲をサウンドウラウドへアップロードしました(*´ェ`*)
クリスマスっぽい感じにしたので、間に合ってよかったです。
冬の、しんと張り詰めた空気と晴れやかな雰囲気と厳かな空気が入り混じって
クリスマスソングは昔から大好きです。

録音の部屋は冬場は日当たりがすごく良くて、家の中でも一番暖かいのです。
海が見えるので、夜になると何も見えなくなると思っていたけれど
暗くなったら船が行き来するのが見えます。
暮れてゆく景色と船や対岸の灯りを見ながら録音していると
心なしか音像もおおらかで柔らかい感じになってきたような気がします。

白舟
彼の名前は愛という

白舟 の写真は、おそらく皆さんすぐお分かりかも・・・こないだ初めて行ったルミナリエです。
そして、彼の名前は・・の写真は、阿佐ヶ谷のすずらん通りのすずらんの街灯です。
# by wankorosan | 2015-12-15 19:39 | 音楽とか

帰らない過ぎ去る日々たち

11月の頭から約半月、実家へ帰っておりました。
父親が肝臓ガンの手術をするということで、応援?というか、様子をみるためでした。
幸い、他所への転移は無いということでしたが
予想外の大手術となってしまい、、、
無事に手術は成功しましたが
数日で戻ってくるつもりが、回復を待っていたら半月も経ってしまいました。

もともと、わたしもそうですが、わたしの家族は割りと身体が丈夫なほうらしく
今まで大きい病気というのをしたことが無かったので
母親がやはり気落ちをしてしまっていて、どちらかというとそっちの方が心配だったり。。
昔は母方の祖父母とも同居していたので、家族6人の誰かが常に家にいたのですが
今はわたしと同じく夫婦2人だけで暮らしているという環境もあり
もし自分が同じ立場だったら・・・と思わずにはいられないです。

思えば実家を離れてから20年、いちばん疎かにしていたのは自分の親だったなあと。
実家が遠いということもあり、年に2度ペースぐらい、、、
しかも3日ぐらいずつしか帰省していなかったので、半月も実家へ居たのは離れてから初めてでした。
東京に住んでいたときにもバスで2時間ちょっとの距離になったのに
今までの習慣があって、年に3度ぐらいしか帰ってなかったw

実家に居た半月、1日に1回病院へ面会へ行くぐらいしかすることは無かったので
あとは母親と一緒に病院の帰りに散歩をしたりスーパーで買い物をしたり、
家で一緒にテレビをみたり、本を読んだり、、、
本当にダラダラと毎日を過ごしたのですが、
これがなかなか居心地が良かったりしてw
昔は家のまわりに何も無かったのに、すっかり開発されていて沢山家が建ち並び
ショッピングモールみたいのが徒歩圏内に色々あるので、不思議な感じでした。
f0154000_1882158.jpg

実家住まいの方には当たり前な感覚なのかもしれませんが、、
母親と一緒に買い物なんて、ホントに何十年ぶりなような気がします。
中高生ぐらいになったらもう部活で忙しくなってしまったり、
なんだかんだと一人で出かけてしまったりしていたので
もしかすると小学生ぐらいに戻ったような気分でした。
家のことも何でもやってもらって、出かけたら食事代を出してもらって、お手伝いだけやって。
なんていう感覚も何だか久しぶり。
(いやもっとやれよという話もありますがw すっかり親に甘えてしまった)

小学生のころ毎週日曜日にスイミングスクールに通っていたのですが、
いつも行きは一人でバスで通い、帰りは母親と待ち合わせをして買い物をして帰ってました。
西友の地下で一緒に試食をしたり、
いせや(ベイシアという群馬のローカルスーパーの旧名です)でクレープを食べたり
バス停の向かい側には九官鳥が居て、いつもお喋りをしていたり
正直、スイミングスクールは嫌々通っていたのですが、帰りの寄り道が楽しみで続けていました。

思いがけず、もう一度母親との時間がじっくりゆっくり持てて
あとどれぐらいこうやって過ごせるんだろう?と考えると、大事にしないといけないなあ。
とてもとても貴重な時間を過ごしたような気がします。

これは20年ずっと心のどこかで気になっていたことを
果たすための機会だったのかもしれないなあ と
帰りのバスの中でぼんやりと考えていました。
ひとつの絵が描かれてゆく、ピースのひとつなのかもしれないですね。
f0154000_1801775.jpg

# by wankorosan | 2015-11-24 18:09 | ヒトリゴト

夏を待つ

久々に録音をいたしました!
夏を待つ
気づいたら前の録音から10ヶ月も経過していた・・
引越しして最初の録音だったので、機材のチェックがてら色んな楽器を入れました。
みんな無事に生きていて良かった。。。

夏っぽい雰囲気のアレンジにしたのですが、もうすでに秋も深まってしまいました。
でもタイトルの通り、「夏を待つ」曲なので、、、
夏でない時期に想う夏は、実際の夏よりもキラキラしているので
そういう感じでしょうか。

お部屋を片付けたら即録音と思っていたのですが
思っていたよりも、日々は速いものです。。
もっと力を抜いたものも作りたいのですが、まぁ焦っても仕方ない。
別に他の誰かと競争をしているわけではないんだ、と気づいてから
やけにのんびり構えてしまってます。良くも悪くも・・・ですねw
そのうち一気に録音モードになるかもしれません。
あと、こないだ行った鳥取のこともそのうち綴りたい。

ちなみに添えてある写真は須磨水族館へいったときに撮ったペンギンです(*´ェ`*)
ペンギンしゅーーーん!
# by wankorosan | 2015-10-25 13:13 | 音楽とか