その星あかりを道しるべに

昨日は京都で行われたVashti Bunyanの来日公演へ行ってきました。
実は、「完成形のアルバムを聴ければライブはまぁいいかな・・」と思ってしまうほうなので
あまり来日公演などをマメにチェックしたりしないし、知っていても行かなかったり
という事ばかりなのですが、
去年のアルバムも最後と言っていたし、もしかするとこれは最後かもしれない・・・と思って
今回は情報を知ってすぐに必ず行こう、と心に決めていました。

前回の来日は大阪で、そのときにも観に行ったのですが
クラブみたいな会場で立ち見で人が沢山いてあまり姿が見えず、
しかもあんな静かな音楽なのに会場のスタッフが演奏中に音をたてていて気になってしまった という
あまり良い印象が無かった覚えがあります。
(わたしが来日ライブが好きでないのはスタッフや招待プレスの態度とかも一因なのかもしれないです・・
 もちろんそうではないイベンターも沢山いらっしゃいますが、、)
そのリベンジ、という気持ちもどこかにあったのかもしれないです。

今回は東京と京都の2公演のみで、東京は教会らしいのですが
京都は企業の研修や会議に使用されるらしい
こじんまりとした市民ホールで行われていました。
f0154000_1327423.jpg

高校生のときに、ブラスバンドの定期演奏会を行ったホールよりもちょっと小さいぐらい。
飲食禁止の指定席で、ホールに皆がきちんと着席していてしんと静まり返った中で
ささやかな2人だけのセットでささやく様に放たれた歌声は
それはそれは素敵でした。
小さな星座のように光っていた照明もすごく良かった。

さきほど知ったのですが、彼女は来年なんと70歳になるらしいですね・・・
それであの歌声とは、驚き。。
ささやくようで、決して自分を必要以上に大きく見せようとはしないけれど
その声は自分の作る曲についての確かな自信に満ちていて
自分の見えている世界、ていねいに作り上げた世界を大事に伝えようとしている姿勢が
わたしにはとてもとても気高く美しく見えました。

これから年を重ねて自分がどうやって音楽と関わってゆけばいいのか
その道しるべを指し示してくれたような気がした時間でした。
観にいって良かった。

最後の来日かもしれない、という思いにかられて
そしてヴァシュティの存在とあのアルバムのイラストが好きすぎて
いつもはスルーしている物販をこの日のお土産に買いました。
f0154000_1355349.jpg

手芸の綿入れという役割をあたえてみました(*´ェ`*)

****************************************************************

全くこの流れとは関係ないのですが
さっき洗濯物を干していたら、目の前の駐車場からすごい剣幕の怒鳴り声が。。
いつも喧嘩しているお隣りの若夫婦かしら、とみたら何と80過ぎぐらいの老夫婦のおじいさんでした
おばあさんはもう一人ではさっさと歩けないぐらいで
いつも寄り添って静かに散歩をしていたり一緒に車で出かけているのを見かけて
ああ年を重ねても仲良くていいなあなんて微笑ましく見ていたのですが
一見すると他人にはわからない問題 というのが誰にでもあるんだなあ と
人生の一幕を垣間見ました。
# by wankorosan | 2015-09-23 14:03 | 音楽とか

23年の時をこえて

旅行用に愛用していたバッグのファスナーが片方壊れてしまい、
騙しだましずっと使用してましたが、引越しの移動でついに両方壊れてしまいました。
引越ししてからもう3ヶ月、いちばんの遠出は京都で、関西を出ることもなく
旅行かばんの事は気にしつつも先送りにしていたのですが
来月、鳥取へ行くことになり、冬には九州旅行の予定も。。
とうとうかばん問題と向き合う時が来ました。

ファスナーを直せばまだ使えるのですが、いろいろ検索していたら結構修理料金が高くて
中古でも良いものがあれば思い切って買い換えてしまおうか・・・

何気なくインターネットオークションを眺めていたら、修理料金と同じくらいで
なかなか立派なものが買えてしまう。
ああいうオークション市場は、ブランド価値があるもの以外は二束三文なものが多くて
個人の思い入れや主観的な価値なんて万人の価値にはならないんやなあと
いつも思いながら見ています。

で、落札したボストンバッグが
f0154000_11361393.jpg

右のものなのですが
もともと持っていた左のものと同じメーカーの形ちがいでした。
ネットで写真をみたときに、ちょっと柄や雰囲気が似ているなあとは思ったのですが
元々ノーブランドで製造メーカーはオークションページに明記されてなかったので
よくある感じの柄だしあまり気にしていませんでした。

届いて、カバンの中のタグをみたら・・・
f0154000_11525236.jpg

やっぱり同じメーカーでした(*´ェ`*)
巡りあわせとはこういうものなのか。

左のバッグは、自分が高校生の頃に修学旅行用に購入したもの。
とても頑丈なのでまだまだ使えるのですが、ちょっとバッグ自体が重くて・・・
形も四角くて納めやすいので、現在はお部屋の収納用品として活用しています。

しかし、高校生が買うにはちょっと渋い感じの型のカバンやなあ と
今じぶんで振り返ってちょっと面白く思います。
当時、周りの子たちはやっぱりもっとカジュアルなボストンバッグを持っていて
こんなクラシックなカバンを持っていた自分はちょっと浮いていたのですが
それでもそんな自分がまんざらでもなかったw

小中高とオリーブ一筋だったので、やっぱりリセエンヌ(!)に憧れていたし
ヨーロッパに憧れていたし、旅に憧れていたし
ああいうクラシックな形のスーツケースにとにかく憧れていたのですね。

昔はどんな子だったのか?と友達に訊かれて
「うーん、今とあまり変わらない・・・かな」と、もぞもぞと答えることが多いのですが
約25年も経って結局同じテイストのかばんを選んだり
やっぱりあまり変わっていないような気がします。
やってることも大して変わらないような。。

先日、雪舟えまさんの「プラトニック・プラネッツ」を読んで
その世界観にとてもわくわくしてしまって
読後もしばらく登場人物のことを考えてしまったりして
何だかこういう感覚、すごく久しぶりだなあ・・・と思い返していたら
実家にいた間、親が少女マンガ好きだったので
暇があれば少女マンガを読んでいて
そのときの感じにすごく似ているなこれは、と気づきました。

そして
高校生ぐらいの頃の自分は、休日に友達と出かけまわったりした覚えもあまりないし
学校のお友達は、学校でしか会わなくって、プライベート?では一人で行動していたし
部活はやっていたけど(ブラスバンド)部活が無い時には何をしていたんだろうか

ここ何年もずっと思い出せなかったのですが
すっぽりと抜けていた記憶をふと思い出しました。

家にいて、ラジオを聴いたりマンガを読んだり雑誌を読んだり映画をみたり、ひたすら音楽を聴いていた
・・・

今と何が違うのかw
ネットがあれば、間違いなくネットばかり見ていたしブログを書いていたと思います。
当時の自分には1枚のCDがものすごく高価なものだったので
ヘアカット100とかバッドフィンガーとか、ストーンローゼスとか
脈絡もなくラジオで聞きかじって自分がこれと思ったものを買って
ひたすら何度も聴いていた覚えがあります。
もっとオーソドックスなロックも聴いててクリームとかレッドツェッペリンとかも聴いてたなあ。。
曲もつくろうと思ったけど、作り方がわからなくて出来なかった。
なので、スケッチブックにイラストと詩を両方書いたものを作ってた気がします。
(銀色夏生さんの影響ですか)
通ってた高校には軽音楽部がなかったので、大学生になったら絶対にバンドをやろうと思ってた。

何がどうなって高校生の自分がこうなったのかは、よくわかりませんが
まぁ・・・根本的な人格形成ってこの時期にはもう出来上がってしまうんでしょうね。
人によっては、大学生や社会人のタイミングで全く変わってしまうのでしょうが
自分の場合は、気持ち悪いぐらい変わっていない。
職場で、昔ギャルだったという子が今は清楚な雰囲気になっていて
ギャル時代を「黒歴史」と呼んでいましたが
そういった意味での「黒歴史」は自分には無いと思います、たぶん。。

将来何になりたい?という質問が
昔からすごく嫌いで
学校の先生の前で「学校の先生にはなりたくないです」と言う程度には嫌いでw
それはたぶん・・・なりたい職業がなくって、働きたくなかったのでしょうねw
会社に執着が無い、仕事はただお金を貰う為のツールである、
という気持ちしか無い現在のこころもちと何も変わっていない。

根っこは変わらないなあ ということを
自分に甘いわたしは微笑ましく思うのですが
しかし
大人になって、もやもやしていたものを形にする方法が少しずつ分かったり
お金を貰う為のスキルが人並みについたり
そして、自分が良いと思う音楽を作るひとが身近に沢山いたりして
当時よりも大分幸せな状態になっていると思います。
そこは大丈夫、と高校生の自分へ伝えてあげたいw

********************************************************************

話は全く変わりますが
昨日、須磨海岸でスティールパンフェスティバルというものが行われてましていました。
スクールの生徒さんの発表会、みたいな感じだったのですが
そこでビーチボーイズのココモを演奏していて
秋の初めの海辺の陽射しと、スティールパンの音色のきらきらがシンクロして
そこにあの天国のようなメロディが乗って・・・・
のんびりとした休日のお昼に生ビールをくいっと飲みながら聴いていたら
何だかぐっと、たまらない気持ちになりました。
やばかった。

前にも何度か書いているのですが
わたしは色々考えながら聴いてしまうクセがあって
滅多にライブをみて感動、というか、気持ちが高ぶるようなことが無いのですが
まさかこんなところで、しかもスクールの生徒さんの発表会で高揚が訪れるとは。。
不意打ち。

さいきん、日々の暮らしの中できらきらした瞬間がたくさんありすぎて
ありがとう と言うしかありません。
f0154000_1393735.jpg

# by wankorosan | 2015-09-21 13:11 | 日常な感じ

右を曲がって左を曲がって左を曲がって左を曲がった

「すべてのメロディはもう出尽くされている」
という言葉は、自分が曲を作り始めた20年前には既に言われていたことで
そういった物言いも、もう出尽くされている感があります。
わたし自身もそれはよく分かっていて
むしろその事実を前提として曲を作り始めた部分があります。

そういった意味では、オリジナリティ というものを
わたしはさほど気にしていないように思います。

とはいえ、全く初めての人の演奏を観たときに
「ああこの人はアレが好きなんだろうな」とか
「こうやってこの曲を作ったんだろうな」とか
ついつい思いながら聴いてしまうのは性格なので仕方なくて
それが透けてみえてしまったら、そこまでと思ってしまうのも仕方のないことだと思います。
残念ながら、自分の想像を超えてゆかない音楽にはときめかない・・・

「この曲はあの曲をぱくりました」と、公言する方が時々いらっしゃいますが
その意図が自分にはいまいちよく分かりません。
自分の創作力不足を敢えて口に出して、何か得することがあるんだろうか。。
音楽知識(というほどでもないけれど)を披露したいということなのか、
それとも原曲を超えた自信があるということなんだろうか。

創作、というものを何かすごく偉業のようには思わないし
ミュージシャンを必要以上に神格化する人はちょっと違うなあと思うのですが
ぱくらないと創作できない人が無理につくる必要はないんじゃないかと
わたしはその度に思ってしまいます。

音楽情報については疎いし、安易なキーワードばかりで嫌な気持ちになるので
あまり音楽レビューとか店頭のポップは読まないのですが
「新しい音楽」というフレーズがついたものが本当に新しいのかどうか
本当に新しい音楽なんて、誰の耳にも気持ちよい訳がないと思います。
心地よいと感じる調和なんて数限りある、とおもう。

そういった意味で、やっぱりオリジナリティというものは別に大事ではないし
その人のフィルタを通して出てきたものが結果としてオリジナリティなんだと思います。
その人の持つリズム、言葉のえらびかた、メロディ、アレンジの手癖。
それがその人なりの筋が通っていて、自分の想像をひらりと超えたときに
琴線に触れて、ああ良いなあと感じるんだろうな。
まあでも、安直な展開も気持ちよくて好きなんですが。

というこんな文章だって、もう出し尽くされている大して目新しくもない論調なんでしょうね。
それで良いと思います。
f0154000_13344138.jpg

すっかりシーズンオフの誰もいない須磨海岸。
海岸へ出るとあまり綺麗でない海だけど、離れて見下ろすとなかなか美しいんです。
# by wankorosan | 2015-09-09 13:45 | ヒトリゴト

音楽はカネにならない(*´ェ`*)

しばらく前から作っていた犬フィギュアは無事に本日、里親様のところへと旅立ちました。
f0154000_15425583.jpg

まだまだビギナーで、作り始めてからまだ半年でこれが4体目
なのですが、自分が心血注いでつくったあのアルバム4枚分ちょいぐらいのお値段で売れまして。。
もちろん嬉しいのですが、いやいや音楽のほうが作るの大変なんだよと
ちょっと思ったりもしてしまいました。
前に作った2作目の柴次郎くんもいきなり売れたし
作り始めていきなり儲け?がでてしまうと複雑な気持ちです。
わたし20年音楽活動してますが、プラスマイナスでいえば全然マイナスが大きいですw
ずっとそういうフィールドで創作してきたので
「え、こんなんでいいの?」という戸惑いの方が大きいというのが
正直な感想です。

音楽は、ほんとうにお金という面では得るものが少ないです。
自分の活動スタンスでは何もこの方面では言えることは無いのですが・・・
わたしよりも何十倍もライブをやったり告知をしたり、人間関係を頑張っている人でも
おそらく、純粋に出演料とCD売上で生計をたてられている人なんて殆どいないのではなかろうか。
(当然ながら、自分のまわりのインディペンデントミュージシャンのお話しです)
わたしは音楽で生計をたてるのがよいこと、とは全く考えていないです。
音楽をやっている理由は人それぞれですが自分の場合は
人生をかけるものではあるけれども
生活をかけるようなものではないし、生活とともに産み出されてゆくものだと思っています。
とはいえ、なんというか、、、、他ジャンルのアートと比べると、軽視されすぎというか、、、

カネにならないけれど、自分の美しくて良いと思うものを作る
その行為の自己満足感。

ところで
勿論、作ってるときは結構神経と集中力は使っておりますが
こういった動物フィギュアを作るのに、音楽を作るほどの苦しさを感じないのは
なんでなのでしょうか、とつらつらと考えると
こっちはゴールがはっきり見えているからラクなんじゃないかと思います。
ゴールは、自分の場合は本物の動物です。
毛並みがふさふさとした動物の可愛らしさ、萌え感があれば
自分で見てああ可愛いねーと喜んで満足し、ゴールの達成感を持てます。
お手本が本物、という点がとてもはっきりしている。

でも、音楽はそういうのがあまりなくて・・・
着地点がわからずに作り始め、ゴールもたどり着いたのかどうかわからない。
いや、わたしの場合は楽器を持つ前に脳内であらかたの構成は作ってしまうので
ふわりとした出来上がりの絵は持ってから始めるのですが、でも、
時事ネタ的ですが拾ったデザインのトレース、のようなこともしていないし
(どこかにあの曲の空気を、とかそういうベースは多少あるのですが
 それは簡単にわからないぐらいには消化していると思います。
 もし何かの曲に似ている曲があるとすれば、それは偶然か、聴く方の捉え方です)
ミックスを延々とやっていて、思いつめると本当にどれが良いのか全然わからなくなってくる。

性格的なものもあって
ミックスも人形も、延々と手直しし続けてしまいたくなるので
少し時間をおいて改めてみたときに修正点が無ければ出来上がり、としています。
人形は時間をおいて見ても可愛いのに、音楽は・・・
聴くときのコンディションや環境でよくないように感じてきてしまう。
自分のものだけでなくて、どれだけ好きなミュージシャンのものであっても
ものすごく響くときとそうでもない時がある。

ここに、音楽がカネにならない理由のひとつがあるのかもしれないですね。
目に見えなくて、危うくて、絶対的な価値が無い。
皆がいいと言う、という位しか価値のつけようが無いと思うのです。
だから音楽を共感できるひとは、他のものを共感できるひとよりも
余計に親しく感じてしまうのかもしれないし
自分にとってすごく特別な友達だと思ってしまうのかもしれない。


☆余談ですが、デザインのトレースのあの件で、
 テレビのワイドショーで
 音楽も同じで元ネタに似せて作る
 とか、本当に新しい音楽なんて無いから、とか
 そういう事をしたり顔で言っていたコメンテーターは
 まったく意味がわからなかった・・・
 曲を作るというのは、そういうことではないです。
# by wankorosan | 2015-09-08 17:57 | ヒトリゴト

総括

無事に8月の3都物語、終了いたしました。
お誘い頂いた皆様、各会場の皆様、観に来てくださった皆様
ほんとうに有難うございました。
それぞれの場所で心から幸せな時間を過ごしました。

神戸では貝つぶさんのお誕生日ということもあり、
皆がお菓子好きの貝つぶさんのために持ち寄ったお菓子が
テーブルの上にたくさんあって
それを出演者も観覧者も皆が自由につまみながらライブを楽しみました。
f0154000_13113531.jpg

f0154000_13114812.jpg

貝つぶさんは小堀さんのVJを迎えてのギター演奏で
波のように静かに美しくゆらめく音と、
それと連動した白い壁に映し出されたアナログVJが白昼夢のようでした。
猫山さんはもう何十年やっていらっしゃるんだろう?
長い積み重ねの深さをはらんだ可愛らしさとみずみずしさ。いつかああなりたい。
GALs the PUNK !!!は可愛い女の子3人がニコニコときわどい歌を歌って踊ってて
時々ドキッとするぐらい格好いいトラックとビジュアルがまぶしかった。
戸川さんはまだ二十歳らしい。希望とピュアネスが輝いていた。
わたし二十歳のころ、何もみえてなくってもっとどんよりしてたしあんなに輝いてなかった。
松野さんは落ち着き払った雰囲気なのに年下やった。年齢ってあんまりあてにならない。
確固とした世界観が定まっていて、そこへ誘い込む気持ちいいトーンの声。
場面が目の前に映し出されるような歌とおしゃべりが素敵だった。

京都の日も、なんとゆすらごの黒田さんのお誕生日。
神戸でのライブが久々だったのと自分が尊敬する人ばかり観ていらっしゃったというのもあり、
ど・ど緊張してしまった反省を生かして
イメージトレーニング?を重ねて行きました。
相変わらずミーンモイリーもドリンクも美味しいし猫はかわいいし
何時間でも居たい居心地のよい大好きなお店。
NObLUEさゆりさんの可愛い可愛いお嬢さんのおかげもあり
アットホームで優しい時間でした。
皆で何回も黒田さんのお誕生日おめでとうと言って、それがすごく幸せな気分でした。
f0154000_13123216.jpg

f0154000_13125433.jpg

f0154000_1313159.jpg

シャラポア野口さん、最近初めてお会いした人の中で
一番のインパクトがありました。今もまだ、時々思い出します。
とにかくものすごく沢山の本を読んでいらっしゃるそうで、
語彙が豊富で面白くてライブ前もライブ中もライブ後も(深夜帰るまで!)
ずーーっと溢れる蛇口のようなテンションでお喋りされていて、底知れない才能を感じました。
ふくらはぎばたけ竹内さんは久しぶりにお会いしてライブも久々。
円盤でのレコ発を観に行って以来ですね。
歌っていないのにどこか歌を感じる足踏みオルガンの演奏。
最近は専らオルガンらしいです。
どの楽器を演奏していても、独自のリズムを持った彼の音楽ずっと好きです。
NObLUEさんは、痛みや悲しさやそういったものをすっぽりと包んでしまうような
大きな優しさを持った音楽だと思いました。
イノセントは内側に影をひそめているから美しい。
前に並べていた眼がぴかぴか光る犬のオモチャがそのまま音楽の象徴となっていた気がしました。
ずっと気になっていた浜松のCOTEFのお話しいろいろ聞けてうれしかった。
また浜松まで食べにゆきたいです。

この日はけいくんが花火を買って来てくれて
前の公園でみんなで花火をして夏を惜しみました。
今年の夏が来たのはけいくんのおかげやなあ、ほんとに。
翌日に、ゆすらごの2人と一緒に食べた近所のキッチンパパという洋食屋さんのランチが
それはそれは美味しかった。
洋食をいつも食べきれないんだけど、このお店は食べ終わった後もまだいける、と思った。

大阪でのライブは久々の雲州堂。
久々といっても、今までドラムでしかあそこで演奏したことがなかったので
歌をうたうのは初めてだから初めましてですね。
バンドで出演した時も他の方の演奏を観に行ったときも
いつも、ここ音のバランスが素晴らしいなあって思っていましたが
いざ演奏したら本当に気持ちよく歌えました。
人前で演奏するのは好きではない、と言い切ってしまった後にアレですが
この日は、場所と自分の音を溶け込ませる楽しさ というのを初めて感じました。
f0154000_13133157.jpg

f0154000_13134951.jpg

f0154000_1314288.jpg

寺田さんの歌声は穏やかですごく心地よい。
暮らしと音楽、人と音楽がひと繋がりになっていて
彼の目で見ている世界の断片をそのまま見せて貰ってる気持ちになりました。
森田さんは、もう10年以上も彼の歌を聴いているので
いつもまたこの場所に戻って来たという気持ちになります。
影の中に一筋光があって、その光が、ほんの一瞬だけきらりきらりと輝く。
そのきらめきを大事に大事に抱えて歌っているひとだと思っています。

この日は、久々におにまるくんに会えました。
急遽のお休みで直前になってこのライブを知って駆けつけてくれたらしいのですが
残念ながら自分の演奏は終わっていました。
昔からの自分の作った曲をずっと知っている数少ない人なので
今の自分の曲を聴いてどう思うのか、ちょっと感想を知りたい気もしますが
まぁ・・・相変わらずだね、と言われるような気がします。
彼のギターをまた聴きたいのですが、今はお店がとても忙しいらしいです。
しかし物事には頑張るべき時期がある、ということを彼もよく分かっていて
やるべき事をはっきりと自覚していてそれをこなしている、自信がある人は
やっぱり話していて面白いし気持ちよいなあと思いました。
お互いに大学生の頃から知っていて、良いときも悪いときも知っていて
今がいちばん自信にあふれた雰囲気で良い顔をしていると思いました。

わたしも、いつも今がいちばん良いと思っています。
特に東京へ行って、今までに経験したことがないことをひとつずつ始めてゆき
それをひとつずつ慣れていってひとつずつ出来るようになる
それを繰り返すことで、自分なりの物事の進め方も分かり
できる様になるんだ、という自信もでてきました。
出来ないことをできるようになる楽しさ。
リアル中二の頃、できる事しか出来ないよね なんて澄まして言っていた自分が
こう大人になるとは自分でも驚きです。
短期間でライブを幾つかやらせて頂いて、ほんとうに経験値上がった気分です。

しばらくはライブの予定もないので、ひとりでの録音と新曲作りに戻ります。
ひとりで黙々と作るのが性にあっているし、好きなのですが
モチベーションは人と会うことで保たれるのだなあと、しみじみと噛み締めました。
音楽をつくっていく作業は、自分の内面を掘り進めてゆくことなんだけど
やっぱり新しい音楽は刺激になるし、ひとに褒めて貰えたらすごくうれしい。
ひとりでは何も出来ないし、ひとりで終わっても仕方ない。
別に仲が良いとかそういうのも抜きで
良い音楽や美味しい料理や素敵な空間をつくる、
ベクトルが似ている共感尊敬できるひとが沢山身近にいるなんて
ぞくぞくするくらいに幸せです。
# by wankorosan | 2015-08-28 13:23 | 音楽とか

8月は3都物語です

関西へ戻ってきたので、
とてもとても有難いことに、皆さんお祝いにライブに誘ってくれています!
8月は神戸・大阪・京都で3回ライブがあります。
今までのペースからするとほぼ1年分かな・・・
どの日も雰囲気のとても良い場所で、素敵な時間になりそうです。
是非あそびに来てくださいな。

8月1日 @神戸元町 space eauuu

『ホテル貝降る庭〜貝つぶ37祭&戸川祐華レコ発&てくらがり引越し記念〜』
■15時開演
■1500円+1D
■出演:
  松野泉(京都)/戸川祐華(山口)/てくらがり(東京→神戸)/
  猫山しょうゆ(仮)/GALs the PUNK !!!(ギャル3人)/
  貝つぶ(36→37歳)

この日は主催貝つぶさんのお誕生日パーティーも兼ねております。
けいくん(aka moon face boys)がギターのサポートをしてくれます。
イベントの詳細はこちらです!素敵なページを作ってくれています。
スペースオーさんのアクセスはこちらです。


2015年8月23日  @京都 喫茶ゆすらご
「ケーキとまんじゅう」
18:00 START
1500yen+order
出演:
NObLUE/ふくらはぎばたけ/てくらがり/ジョギング振興委員会(シャラポア野口+久野昆布)

ケーキとまんじゅう、甘い甘い組み合わせですね。
ゆすらごの緑のお茶を頂きながらうっとりとするような日になる予感がします。
この日もけいくんがギターのサポートをしてくれます。
けいくんのバンド、マイパルフットフットのベースを担当している
ふくらはぎばたけ氏も福井からやって来ます。
ゆすらごさんへのアクセスはこちらです。

8月26日 @大阪 北浜 雲州堂
『Living Note #4』
Open 18:00 Start19:30
入場無料・投げ銭制
出演;
てくらがり
寺田遼一
森田雅章

この日は平日ですが、遅めのスタートで投げ銭となっておりますので
お仕事帰りに気軽にふらっと立ち寄っていただけると嬉しいです!
ステージ下でソロミュージシャンが弾き語りをやる日とのことです。
わたしも1人で頑張ります。
雲州堂さんのアクセスはこちらとなっております。

毎日が日曜日みたいに過ごしていたら、時間感覚が麻痺してきてしまって
気づいたら結構もうすぐなので
焦ってきています・・・・
新曲も何とか間に合いそうです。
# by wankorosan | 2015-08-26 23:59 | 音楽とか

海、図書室

まっつんとけいくんに誘ってもらって、淡路島へふらりとドライブへ行ってきました
f0154000_1372072.jpg

神戸からだと、橋を渡ればすぐで小1時間もあればすぐ着いてしまうんだけど
山と海とぽつりぽつりとしかない商店や道の駅が旅行気分を盛り上げてくれて
しらす丼とか淡路島バーガーとか観光要素も満点で
どうぶつの森の船に乗って行くリゾート島みたいやなあと思ってました。

この日は夏も後半の陽射しが綺麗できらきらしていました
f0154000_13104983.jpg

もう何年も、夏といえば暑いのと日焼けがつらいので
お休みの日の昼間はエアコンの効いた部屋から一歩もでない、という日々を過ごしていましたが
今年の夏は夏すぎて、こんなにも夏を感じていたらバチが当たるような気がします
f0154000_13122965.jpg

うちの実家は海がないので、夏休みは毎年うちの家族といとこ家族の合同で
4泊5日とか、かなり気合を入れて「海」へ行くために新潟とかへ行っていました。
海の近くの民宿に泊まって、起きたら波の音がきこえてすぐ砂浜で・・・
年に1度しか行けない特別な場所 という摺りこみがありまして
今は部屋から海がみえていますが
やっぱりそれでも海を見ると嬉しくなるし、夏に海辺に行くと夏休みの気持ちを思い出します。

田舎の王道のような景色が広がる淡路島から神戸を望むと
マンションや工場が沢山立ち並んでいて
あの橋を渡ると街へゆける という感覚なのかなと思いを馳せていました
f0154000_13272023.jpg


淡路島から戻ってそのまま大阪へ

もう何年もずっと気にしていた雪舟えまさんのライブをやっと観ることができました。
今までも何度か、ライブを観ようと思えば行けるタイミングはあったのですが
なんとなく今じゃない、という気持ちが強くて、満を持してという気分でした。

ずっと気にしていたのですが
本を持っているでもなくって
でも、サイトで公開している短編を少しずつ読んだりとか
ツイッターで何となくの日常や人となりを知ったような気になったりとか
短歌の数々も何となく知っていたりとか
ファンです、と言い切ってしまうほどの距離ではないのですが
とにかくずっと一定の距離で気にし続けています。
一気に距離を縮めると影響を受けすぎるような危険な香りがします。
そのうち、ここというタイミングで本も買うと思います。
そしていつの間にか全集集まってしまうんじゃないかと思う。

初めて実物をみた雪舟さんは
美しい声での朗読も、ジェーンバーキンみたいに淡い歌もすばらしかったです。
歌を歌うことで自分を表現する人と
紡いだ言葉で自分を表現する人との自意識の違いをなんとなく考えたり

実は、自分は曲を作ったり歌ったり録音するのは好きなのですが
人前で歌うこと自体にはさほど快感を覚えないというか・・・
緊張を抜きにしても、そこが目的ではないなと時々思います。
人前で表現したくて曲を作るひとと
曲を作りたくて曲を作るひととは
同じく人前で歌ってても根本が違うんじゃないかとか
なんとなくずっと考えているところで

まぁしかし、ライブをするのが苦手な自覚があるのでそれを克服したくて
なので自分の中でクリアーするまではライブを積極的にやりたいな
とも思っています。
もっと自分をみて!という気持ちでやってゆかないのは
お客さんに対して失礼なのかどうか、
少なくとも自分はその結果としての音空気に興味があるので
どちらでもよいです。

スリリングサーティーに戻りますが
アルバムもとても良かったです。
フレンチな雰囲気が漂っているのは意図してか意図せずか。
一切曲を知らない状態でまずライブを観て
そのあとにアルバムを聴いたこの順番が良かった。
先にこれを聴いていたらたぶん、素直に聴けなかったと思います。
分析癖もあるし
わたしはそこまでフラットな耳を持っていないです、残念ながら。

振り返れば
昨日観たライブもこのアルバムも
わたしが東京へゆかなければ多分出会えなかったと思う。
もし出会っていたとしても
今と違う捉え方で聴いていたんだろうなあ。
出会うべくして出会う出会い、をしみじみ感じます。
# by wankorosan | 2015-08-16 14:45 | おでかけ