柴次郎くん

もう1匹、柴犬を作りました。
f0154000_18231274.jpg

柴太郎の反省を生かして、だいぶリアルな犬っぽくなった気がします。
あと写真では分かりづらいのですが、太郎は触るとふにゃふにゃなのですが
次郎は中身がしっかり詰まって出来ています。
とりあえず柴はこのくらいかな。。
今度は別の犬種や猫にもとりかかろうかと思ってます。

犬フィギュアを作っている自分の心境は
おそらく、美少女萌え絵とかを描いている人のそれに近い気がします。
# by wankorosan | 2015-07-21 18:26 | どうぶつ

転調についてのつぶやき

特に転調というものを意識しているわけではないのですが
昔から、気づけば好きな曲はみんな転調をしています。
転調、そもそも調なんて概念を持たないほうが面白い曲が作れるような
気がするのですが。。。
やっぱり、小さいころのピアノのレッスンでやった
半音ずつ上がりながら、ドレミファソラシドを歌ってゆくというのが
どこかに染み付いているように思います。
それをやってから、ドミソの和音とドファラの和音とシレソの和音とドミソの和音を
順番に弾いて行く というのがレッスンの一環であって
なんとなくのキー別の色合い、というのを、音をのぼってゆきながら感じたもんです。
あのレッスンをやっていたお陰で、今では楽器を使わずに脳内で曲を作ることができます。

しかしながら
よくよく考えると
あらゆる曲を聴くときに、ほとんどコードや調を意識して聴くことはなくって・・・
そして、今までバンドスコア等で人の曲をコピーした事が無いので
(ギターでやろうと思って押さえられなくて挫折しました)
楽譜で曲を知る機会もなく
転調している、というのは何となくそう感じるだけで
本当に転調しているのかどうかは、確認したことがありません。

もししていなかったらスミマセン、なのですが
しかし実際に調が変わっているとかそういう事はどうでも良くて
曲の途中で足元の基盤が変わってストンと落ちるような感覚があるのが
とても気持ちよくて
それで転調がある(と 思われる)曲が好きなんだと思います。

キーによって色合いがあって
絵でいうと、キャンバスの地の色
写真のフィルターの色
風景の陽射しの明るさと色
そういう色合いなんだと思います。
自分の歌える歌えないのキーというよりも
その色合いをついつい優先してしまう・・
ので、歌いきれない曲が出来てしまうんでしょうね。。
敢えてコードネームやキーを調べてはいないけれど、
おそらくBとかFあたりが多いのかな。
昔から、ドファソの和音がラブリーで一番好きだったんですよね。
ファ は乙女な音な気がします。

ボサノヴァを初めて聴いたとき
たぶんジョアンジルベルトとかそういうベタなやつだったとは思うんだけど
和音が半音ずつ変わっていったり、コードチェンジが夢のようにふわふわしていて
綺麗な音楽だなあと思った覚えがあります。
まだ技術が拙いので、コピーも分析も出来ないけれども
いつかはああいう美しさが出せたらいいな と思います。
f0154000_10483834.jpg

# by wankorosan | 2015-07-14 10:51 | 音楽とか

柴太郎完成

記念すべき初作、柴太郎くんが完成いたしました。
手直ししていてもキリがないので、とりあえずこれでこれは完成、ということで。。。
目がぱっちりして、手足に指がついております。
まだまだ荒いなあ・・・
精進。
f0154000_19113099.jpg

f0154000_19171661.jpg

f0154000_19172472.jpg

なんかネコっぽいんだよなあ・・・
# by wankorosan | 2015-07-03 19:11 | どうぶつ

ねむりを待つあいだ

こちらへ引越ししてから、早や1ヶ月が経ちました。
仕事へ行かなくても思いのほかやる事が多くて、あっという間。
とにかくちゃんと生活をしたいと思って暮らしているとすぐに時間が経ってしまう。

毎日会社へ通っていたときには、毎朝決まった時間に起きて
支度をして、電車に乗って・・・という繰り返しがとにかく苦痛だったのですが
仕事を辞めるときに「やっと早起きから解放された!」と喜んでいたら
こちらでは、ゴミ出しが当日朝8時までで
さすがに前日から出しておくのはマナー違反だろう、とのことで
(マンションでは半数以上が夜間出しだったけど・・)
結局火曜日と金曜日はゴミ出しのために7時半ぐらいに起きています。
それ以外の日も、なんだかんだと23時から0時の間には寝ており。
起きる時間は少しゆっくりになりましたが、それでも9時には起床しています。
もう元々の体内リズムがそれくらいで出来上がっているので、23時に眠くなってしまう・・

今までずっとマンション住まいだったし、ゴミ出しが緩い地域にばかり住んでいたので
ゴミのために起きるなんて習慣が無くて想定外でした。
あとゴミの分別も(大阪市とか新宿区とか以外の人には常識なのかもしれませんが)細かくて
燃える、燃えない、プラ、リサイクル、、、あとなんだっけ。。
全部捨てる曜日が違っているので、週に3回4回ゴミのために起きなくてはならない。
分けトンという豚マスコットがにくらしく思えてきます。
いや、こんな発言はエコじゃない・・・
(分別自体はホントにちゃんと処理してるのであれば良いことですよね。)


ここまでが今回の内容の前書きで・・・
寝すぎたり、悩み事があると眠れなくなる夜ってありますよね? という事を書こうと思っていたのですが
今のところ、そんなこんなで眠りが余ってる感はなくって
すぐに寝てしまいます。

昔、小学生ぐらいの頃だったか
谷山浩子さんというシンガーソングライターのエッセイを読んでまして
その内容で今も覚えていることがあります。
(わたしは5つ上の姉がいる事もあり、まあまあ早熟な感じの読書家でした、小学生の頃は)

寝付けないとき、暑いとか寒いとかそういう明確な理由もなくって
ただ何となく眠れないときにどうすれば眠りにつけるのか?
こころの中で喋っている独り言を黙らせて、無意識を維持すれば
いつの間にか眠りに落ちてゆく
というような内容でした。

これを読んだときに、そういえば声を出さずに喋っているこの心の声は
どういう仕組みで自分に認識されるんだろうか、とか
この声はどういう音で頭の中で再生されているんだろうか、とか
いろいろ考えたものです。
そしてこれは是非やってみようと心に決めていました。
しかし小学生ぐらいでは寝付けない晩なんて滅多になくって
この方法を実践する機会もなく。

もっと大人になってから、なぜか時々思い出してこの方法を試そうとするんだけど
ぜんぜん上手くいかない。
心の声を黙らせるのって意外とむずかしい。
意識的に黙っていてもいつの間にか何かを考え出してしまっているもんです。
特に、悩み事や嫌なことがあった時なんか、いつの間にかまたその思考が出てくる。。

それを上手く解決する方法を、先日、偶然にネットニュースか何かで目にして
ああこれで点と点が繋がった!!という気持ちになりました。
  「とにかく心のなかで、あーーーーーーーといい続ける」
これは別にいーーーでも、うーーーでも何でも良くって
声を出しているわけではないから、物理的に息切れをすることもなく延々と続けるのが可能で
これを心の中で言い続けている限り、別の思考が入ってくることは無い。

あまり寝付けない晩が少ないので、まだ2度ぐらいしかやっていないのですが
とりあえず2度は成功しております。
毎日の仕事に追われることがなくなると、疲れ切らないし
これを実践する機会が増えるのかな、、、
なんて思っていたのですが、
今のところコテンと寝ております(*´ェ`*)
f0154000_184462.jpg

さようならが布団の中で冷たく横たわっているのか、どうか、
分からないままに眠りについてしまう。。
# by wankorosan | 2015-07-03 18:08 | ヒトリゴト

犬フィギュア柴太郎

前回の記事でさらっと
「最近力を入れている羊毛フェルト」と綴りましたが・・

じつは
ことしに入ってから、音楽以外の趣味でももとうかと思いまして
良くも悪くも音楽以外にやることがないのは、さすがにどうかと。
今までは仕事と音楽と生活の3本柱でいっぱいいっぱいだったけれども
少し時間と気分的な余力ができたので
あたらしいことを始めても良いかなあという気持ちです。

たまたまweb上でみかけた羊毛フェルト製の犬があまりにも本物すぎて
衝撃をうけたのがきっかけです。
しかし、誰でも簡単 という訳でもないらしく
ネットで「羊毛フェルト」で検索すると、なかなか悲惨な画像も多い。。
なので、自分に向きか不向きかをとりあえず100円ショップのキットで試そうか

初めて作ってみたペンギンが・・・
f0154000_18204997.jpg

意外と良い出来かもしれない。。
これに気を良くして、次に同じ100円キットでクマをつくり、
その次にはお手本無しでパンダを作り
そして現在、初めて針金を入れた本格的な人形を製作しております。

初めてやってみて分かったのですが
羊毛フェルトというのは手芸というよりは、粘土細工や彫刻に似ているような気がします。
キットに入っているのはただの毛束と針のみ。
型紙も特に無しで、ぺらイチの説明書には「3センチのボールをつくる」などと
ふわっとした説明のみが書かれているだけです。
出来上がりの写真のみをみてイメージするのみ。。
なので、向いてない人がやると、かなり悲惨な出来上がりになるのも分かります。
しかし
裏返せば、自分の匙加減でどうにでも好きに作ることが出来るのと
ある程度のリカバーがきくので、作りこみが出来るのが楽しい。

で、お手本無しでパンダを作ってみたのですが
やはり身体に針金を入れないとリアルには近づかない・・・
ということで、本を購入しまして、初めて針金を入れて本格的な犬を作ってみました。
f0154000_1831221.jpg

もちろん細かに各パーツの作り方や写真が載ってましたが
肝心の部分は「全体のバランスをみて、おかしなところがあれば調整する」という風に
各人のセンスに委ねる的な本で・・w

それに沿って大きさを作ったら、ちょっと顔が小さく仔犬風になってしまいました。
骨格だけは一度やると後からリカバー出来ないので
犬を飼っていない自分はちゃんとした犬のバランスが分かっていないのかも 
と、作りながら反省。。
そしてしばらく考えた末にたどり着いたのが・・・
f0154000_18355683.jpg

ポチっと買いました。
犬の骨格標本。
組み立てたら、ラブラドール風になりました。
内臓もついてたけど、自分の考える用途には不要かなとw
要らないんだけど、袋にひとまとめになっている内臓キットをどうしよう・・・
もし欲しいかたいらっしゃったら連絡ください。。
f0154000_18365852.jpg

これを参考にして、次回はよりリアルなものを作りたいです。
どこへ向かっているのか、というツッコミもありますが。

ファンシーな人形を作る人が多いのですが
自分はイラストやマンガよりも本物のどうぶつが一番可愛いと思うので、
とにかく本物に近ければ近いほど良いです。

犬フィギュアを作るというのは
アニメ好きな人が3次元としてフィギュアを作る、鉄道好きの人が模型を作る
それと同じような感覚なのかなと思います。
いちばん可愛い状態のものを創りたい、そして所有したい。
もっと上手くなれば人に譲ったりも出来るかな。。
# by wankorosan | 2015-06-26 18:44 | どうぶつ

西の街は日暮れが遅い

きょうは神戸から三宮まで商店街を歩きました。
住居が坂というか山の上なので、頻繁に下りる気になれない。。
そしてちょっと遠出しないとスーパーや100円ショップなども無いので
街に出掛けたときにはあれもこれも買わなきゃ、、と
普段から買うものリストを頭の中で思い描いて暮らしています。

今までも何度も元町から三宮のアーケード通りを歩いたことはあるのですが
神戸からずっと続いているのを知らず、端から端まで歩いたのも初めてでした。
f0154000_22293378.jpg

だんだんと人通りが増えてきてにぎわってくるのも楽しいし
あちらこちらに座る場所が設置されていて
それが満席になっておらずに足が疲れたら座れるのでありがたい。
(たぶん他の街でも設置はされているんだけど、競争率が高くてあまり座れないことが多い)

神戸は風通しが良い街で気持ちよく歩けるし
人の多さも多からず少なからずちょうど良い。
最近特に力を入れている羊毛フェルトと製菓関連のグッズを沢山買って
沢山の紙袋を持って電車に乗ってもひとにぶつからない・・・
なんて
こちらでは当たり前のことにちょっと感動していました。
バッグ3個持ってたら電車でキュッと縮こまらないといけない夕方のメトロのことを
ぼんやりと思い出しながら
暮れてゆく山をみていました。

そういえば
関西は日暮れが遅いんですよね。
いまの時期いちばん長いとはいえ、19時半でもまだ明るい。
f0154000_22361215.jpg

# by wankorosan | 2015-06-23 22:42 | おでかけ

耳鳴り太鼓がなりひびく

近所のお寺が毎月20日と21日に護摩たきをしていて
縁日も出るというので行ってきました。
f0154000_11154251.jpg

パンダ氏が厄年なので、厄除けとして護摩木を焚いてもらおうと
ちょうど護摩祈願をやっている会場をのぞいてみましたが・・・
ほぼ全員がお経の小さい本を持っていて、太鼓に合わせて一心不乱に唱えており
とても冷やかしでのぞける雰囲気ではありませんでした。
太鼓がまた、ブレイクを入れたり、だんだんと強くなったり変拍子が入ったりで
上手い事お経のリズムを煽っていて
最初は小さかったお年寄りたちの合唱がどんどん声が大きくなっていって
その盛り上がりが傍目には少し怖く思えました。
宗教とはこういうことなのかも、いうことを感じたり。
親戚に神社の宮司さんがいてわたしの実家は神道なのですが、
あんまりこういう参加型な感じではない気がします。
f0154000_11164873.jpg

お寺は源平ゆかりの史跡があったり、あたまを撫でると音楽が鳴るクマがいたり
あたまを撫でると見ざる言わざる聞かざるのポーズをとるサルがいたり
アトラクションが盛りだくさんでした。
四国88箇所のお寺分の鈴を一個ずつ鳴らしてゆくのが良かったです。
鈴の音が少しずつ違っていて綺麗な音響になっていました。
f0154000_1117835.jpg

縁日は・・・
乾物とかタオルとか傘とか洋服が多くて、目当てだった野菜はありませんでしたが
参道に可愛いパン屋さんがありました。
東京のパン屋の少なさにがっかりしていたので
関西へ戻ったらパンを沢山買おうと心に決めていたのですが
ホームベーカリーを購入しまして、そのパンで十分に美味しかったりして・・
意外とパンを買っていないです。
ここではクリームパンとメロンパンの中にクリームが入っているの買いました。
値段も安いし、良い街のベーカリーの美味しさがありました。
f0154000_11172990.jpg

勝手に
お洒落なブーランジュリ系統と街のベーカリー系統にパン屋を分類しているのですが
値段や方向性を考えると、この2つは別物だと思っております。
ソフトロックとガレージバンドが別物なのと同じで、
どっちが優れてるというものでもないのかなあと。
f0154000_11174241.jpg

そして、さすが神戸といいましょうか。
普通の住宅街の中にとてもお洒落なショコラのお店がありました。
焼き菓子やショコラがあったのですが、あまり敷居が高くない価格。
暑かったのでアイスバーを買って軒先で食べました。
なつやすみ感。
マカダミアナッツのバーはねっとりした感じで濃厚でした。
次回は焼き菓子買いたいなあ。

ぶらぶらと自転車で近所を回りましたが
海もさることながら、当たり前だけど山も近くて
どこへ行っても山が目の前にあって
京都とかもそうですが、山がみえるとそれだけで出かけた気分があります。
大阪市内も都内もあんな近くに山無かったもんなあ。。
そのうち、この景色がデフォルトになって山が無いと出かけた気分になるんだろうか。
# by wankorosan | 2015-06-22 11:32 | おでかけ