ささやきの割合

京都、喫茶ゆすらごにてのライブ、無事に終了いたしましたヽ(*´∀`)ノ
1年ぶりのライブでちゃんと曲が通せるのかどうか・・と心配しておりましたが
意外と覚えているもんで、楽しく演奏できました。

今回は、シバタさんのギターがエレアコでそれに歪みをかけていたんだけど
それが可愛い感じの歪みになって良かったです。
本番は、歪みとクリーントーンを分けて2チャンネルで出力していたらしいんだけど、
練習の時より音が小さくなっていたような。。。

翆娘ちゃんからは、兼ねてからフムフムを呼びたいと声をかけて貰っていて
すごく考えられた組み合わせにしてくれた感あって、イベントとしても不思議な一体感がありました。

最近はライブをする機会も少なくって、その分
ひとつひとつのライブのことをより鮮明に記憶できるような気がします。
初めて観た
ほかの出演者の皆さんの、刺激的な感じが久々で楽しかったです。

nan!ka? は、お茶の入れっぷりが板についてきてて
ステージ上がアットホームな不思議な空間になっていました。
途中でマイクスタンドが倒れたりするドタバタ感も実は計算なんじゃないかと
思ってしまうような、日常にひそむ非日常へと続く穴。
f0154000_17372244.jpg


マッスルNTTなどズさんは、名前や編成の感じで想像してたよりも
かなりきっちりとポップな曲をちゃんと演奏される方たちで
変拍子やコードの展開に、わたしなどはとても耳を奪われたりいたしました。
わあ作りこんでるな・・・なんて、聴き方をしなくても皆楽しい、
カラフルで遊園地みたいなバンド。
お琴を飛び道具的でなくって、普通に弦パートとしてポップソングをやってるのって
何気ないようだけど結構すごいと思います。
f0154000_1746415.jpg


そして柴田聡子ちゃん。
お名前や評判だけは、ふだん殆ど他人に興味のないわたしにもすごく耳に入ってきていて
どんな音楽をやるのか、どんな人なのか、気になっていたのですが
満を持していいタイミングで出会った感じありました。
おそらく色んな編成で演奏されるのでしょうが、今回はアコギ1本での弾き語りで
声がとにかく良かったです。
ささやきと歌声との混ぜ具合のことを、もうここ数ヶ月ずっと考えていて
その最適解のひとつなんだろうなと思って、ききほれていました。
そして言葉もすごかった。
自分が丁度いま歌詞を考えているシチュエイションと似たフレーズが
ところどころに出てきたんだけど、その前後左右、だし方が全然斜め上を言っていて
陳腐な定型文なんか安易に使ったりしなくって
それを曲にのせるリズムもキャッチーなフレーズもすごくて才能だなあって思いました。
賢さが見え隠れ。。。
なのに、人となりは、エゴを微塵も感じさせない丁寧な雰囲気。
ずっと可憐な花で、有り続けてほしいな。
f0154000_1815176.jpg


などと、思わず今回はライブの感想など綴ってみました。
感想が宣伝として消費されてしまう感じが、あまり好きではないので
またタイミング合えばひっそりとここで綴ります。

今回の遠征でしみじみ思ったのは、
やっぱりゆすらご最高!フムフムの2人も最高!
とても楽しくって大事な時間でした。
ホントありがとうでした。またよろしくです。
f0154000_1894269.jpg


ぽんぽんにうっとりのフムフム(猫)
f0154000_189145.jpg

# by wankorosan | 2014-09-15 18:14 | 音楽とか

みみのふわふわ

フムフム1年ぶりのライブが1週間後にあります!

「みみのふわふわ」
f0154000_2359117.jpg

(みどりこちゃんが描くニャンコはいつも可愛いなぁ。。)

場所:喫茶ゆすらご
open17:00/start18:00
出演
・FumuFumu
・柴田聡子
・マッスルNTTなどズ
・nan!ka?

前売¥1500/当日¥1800(共に+1ドリンク)
定員25名 
席に限りがありますので予約をオススメします!
(現在、残り8席とのことです)
お問い合わせは喫茶ゆすらごまで(*´ェ`*)

なかなか関西では観られない組み合わせなんじゃないかなと思います。
お客さんとして他の方のライブを観たり、ゆすらごのフードを食べたり飲んだりするのも
ああ楽しみ・・・

この「みみのふわふわ」はフムフムシバタさんが
みみのふわふわについての、とあるエピソードを持っているからついた名前らしいです。
わたしもまだ聞いていないのですが、当日もしかするとその秘密が明かされるかも・・?
# by wankorosan | 2014-09-07 00:02 | 音楽とか

音源購入についてのお知らせ・その2

ずっと宣伝ばかりで恐縮です。。
話題がないっていうか、ない訳でもないのですが
いまはじっくり綴るような心持ちでないというか、、

来年の今頃には、日常を綴れるようになっていたいもんです。
東京は、人の反応に過敏になってしまう都市なのかもしれない。
みんながああいう、こういう、の中で自分は何をいうべきか・・・

そういうことを今はあまり考えたくもないし
人前にどんどん出ていきたい気分でもないです。
しかしながら、がんばって作った音源はなんとか売りたい。。

というセルフィッシュな言い分を
自分で納得させるためでもあるのですが、
音源を通販できるようにしました!!
クレジットカードオンリーで申し訳ないのですが、全品送料無料です(*´ェ`*)

カナリヤのさえずりレコード店
現在は、てくらがりの1枚目と2枚目のみの扱いとなっていますが、
ゆくゆくは自分が関わってきてレーベル流通を通していないものも在庫する予定です。
(フムフムとか、島田さん林さんと作った音源とか、、)
もちろん、これからのてくらがりの音源はこちらで販売してゆく予定です。

需要がある、ない、は考えないことにしました!
細々とつづけてゆきますので、よろしくお願いします。
# by wankorosan | 2014-08-25 22:21 | 音楽とか

音源購入についてのお知らせです

てくらがり2枚目の音源購入場所が増えましたので、お知らせします!

現在、京都の喫茶ゆすらごにて販売しております。
そして鳥取のボルゾイレコードにも納品いたしました。
現在、音源を購入できるお店はこの京都と鳥取のみとなります。

しかし、さすがに地域が偏ってるよね・・・
おいおい、東京でも納品お願いする予定でおります。
また、通販出来る仕組みを作ろうかなあとも、ぼんやり思っています。
その折には物物交換の販売をしていた1枚目もお金で買えるようになるかもしれません。

わたしのモチベーションが、作る方にしか向かなすぎて
作ってしまうと満足してしまい売る気がなくなってしまいがちなのですが
今回はぼちぼちのペースですが頑張ります。
ゆくゆくは聴きたいと思ってくれる人にそれなりに届けばいいなあと。
ほかのひとがガンガン告知してガンガンお店に売り込みするの、すごいなあと思っているんだけど
どうも向いてないなぁ。。
そこまでして広げたくないっていうか、いや聴いてもらいたい気持ちはあるんだけど、
無理に売り込むことをすると、作る内容に影響が出てきそうな。。
(そしてガンガンやるのは自分にとっては”無理”にあたります)
結構そこ関しては、我ながら脆い部分がある気がするんですよね。
すぐ影響されるしね。
もう、ゆっくりゆっくりで良いです。
2枚目作り終えたら、自分の中でひと山越えた感じがあって
なぜか何にも焦ることはない、と思うようになりました。

そういえば。
余談?なんだけど
全く告知をしていないのに、急にサウンドクラウドの視聴が増えたんやけど。。
元々、視聴を伸ばす目的でやっている訳ではないけど
それなりに視聴が増えるとうれしいもんです。
しかし、増えている理由がなぜなのか全く見当もつかない。。

薄々思っていたんだけど、Twitterの告知って2度目以降は意味ないんじゃないのかな。
いや、意味がないっていうか、デメリットの方が多いんじゃないかな~、と。
1度目は情報として必要だけど、
読んでて楽しい文章でなければ、既に知っていることをまた読むのはストレスになる気がする。
同じコマーシャル繰り返されるとうんざりするのと同じで・・・
しかも、Twitterはテレビコマーシャルと違って同じ人、大概自分の知ってる人しか目にしないし。
なんて思うから色々とアカンのかなあ。
すべて主観なので、そうは思わない人も多いと思います。
わたしは割とTLを全て目を通すタイプなので、余計そう思うのかもしれんですね。
そして、わたしが作り手としてもっと芯の強いタイプならば
さしてあれこれと思わなかったのかもしれない、とも思います。

☆★追記
読んでて楽しい告知、創造性に富んだ宣伝という部分では
わたしはいつもaotoaoとOPQがすごいなあと感心しております。
宣伝で作品になっているの、すごく格好いい。
わたしにもあれぐらいのセンスがあれば・・・・
f0154000_23143592.jpg

# by wankorosan | 2014-08-16 23:19 | 音楽とか

最後の夕暮れまでは、

前記事でも書いたのですが、
京都でのライブにあわせて無事に2枚目のアルバムが完成いたしました!

サウンドクラウドへ1曲、試聴曲をアップロードいたしましたので
是非、アルバムの雰囲気を感じていただければと思います。
final sunset
サウンドクラウドは、視聴や宣伝というよりはライブの代わりの曲の発表の場と捉えているので
基本的には音源のものそのままというものは、アップロードしないつもりでいます。
この視聴曲もまた、ある程度期間が経ったら削除するかと思います。
(ちなみに、以前にアップロードした練習風景は削除いたしました。)

さて。
今回は曲数も多く、いろいろなエピソードもあるので
新しく完成したアルバムの曲解説など。

1 イエスタデイ ワズ スノウ
  今年の2月か3月かでしたっけ。東京で大雪が2度降ったのですが
  その翌日に外に出たら、雪解けの音がとても綺麗でした。
  それをフィールドレコーディングしたものです。

2 氷の女王
  「北国のカントリー調」というキーワードがずっと頭の中にありました。
  けいくん、須原さんに参加してもらった曲のうち、この曲が最も苦労されたようです。
  転調が多くてコードもよくわからない、、、いや、わたしにもわからないですw
  ちなみにタイトルや内容は、「アナと雪の女王」ではなく
  とても好きなフィッツジェラルドの「氷の宮殿」という短編にインスパイアされたものです。

3 星をえらんで
  曲が出来上がって、サウンドクラウドにアップロードした時にも書いたのですが
  「いまここにいない遠くのひとを思いながら願いをとばす」という曲です。
  最初に録音したのよりも、ちょっとテンポを遅くして
  うたの要素を大きくしました。
  自分が、歌うことを語ることだと意識して作った最初の曲です。
  派手ではないけど、しみじみとした感じになれて良いなと思います。
  最後のけいくんのギターフレーズ、コーラスぽくて好きです。

4 いろいろな色
  3月に麓健一くんのレコーディングを七針で行ったときの、休憩時間に
  七針のピアノを借りてボイスメモで録りました。
  そのときに後ろで喋っていた林谷さんたちの会話が都市伝説ぽくておもしろかったので
  そちらに思わず耳をうばわれてしまう・・・
  ここ数ヶ月、特に自分の中で熱いピアノアンビエント、のつもりです。

5 そしてひとり
  アルバムを作ろう!と思い立ってからその為に作った曲のひとつです。
  この曲はバンドセットがよく映えるなあ。
  元々は、全パートが曲の頭から入っていたのですが
  ミックスの時にメリハリを考えて徐々に楽器を出していって、何となくそれがはまったので
  かなり満足したテイクです。
  曲むずかしくて、ライブでやるときはいつもどきどき・・

6 フライデイ銀座
  タイトルの通り、金曜日の会社帰り、銀座の三越前で時報の鐘の音を録音したものです。
  金曜の晩の開放感。
  あっと思ってからボイスメモを立ち上げたので、途中からなのが残念。
  でもしばたさんの音響がクールで良い感じ。
  同じ録音を違うエフェクトで3トラックぐらい重ねています。

7 夢から醒めない
  自分の原点?的な、キーボードのみの打ち込み宅録の曲を
  1曲どこかに入れたくていれました。
  元々、この曲は15年ぐらい前に英詞で作ったんだけど
  日本語にして、シンプルな感じにリメイクしました。
  ギター弾き語りの特訓期間も、そろそろひと段落おえた感があるので
  今後こういう感じの曲も増えてゆく気がします。

8 街の記憶
  この曲もアルバム用に作った曲で、割と最後のほうに出来たので
  色々と思い入れあります。
  月島から毎日片道で徒歩15分の道のりを歩いて通勤していたのですが
  そこの風景をみながら作っていった曲です。
  途中のフィールドレコーディングも月島の公園での録音です。
  ドラマーとして上手く着地できた感じがあります。
  ただ、曲がむずかしくて歌に苦労しました。。
  最初はサビをつくらずに頭から終わりまで2度同じフレーズが出ない曲にしようと
  考えていたんだけど、結局サビ作ってそのほうが良かったのかなあと。

9 もみじ
  しばたさんの音がとにかくドリーミー。
  (ノイズも多いんだけど・・)
  元々、この曲について透きとおった青緑と茶色のコントラスト
  みたいなイメージをずっと持っていたので
  それを音に映し出すようにと思って重ねました。

10 かえりの時間
  ぱんだ氏が、厄除けに神田明神へ行ったときに、厄除け待ちをしていたところ
  ちょうどこのチャイムが鳴ったのでフィールドレコーディング。
  目の前に長くつづく下だりの階段とこのチャイムと
  夕方の少しさみしい空気。

11 エピローグ
  キーボードのみの短い曲です。
  これも15年ぐらい前に作った曲を再録しました。
  あんまり自分の好きなメロディ進行が変わってないな・・・
  カシオトーン(ラップマン)で弾いたんだけど、ある音域がどうしても耳について気になって
  そこを削るイコライジングをしていたら音の角がほとんど無くなりました。

12 ファイナルサンセット
  このテイク、バンドの奇跡かなと思ってます。架空のバンドの自分的ベストトラック。
  なのでこれを視聴に選びました。
  須原さんと録音したときに、この曲を最初に録ったのですが
  このベースを聴いた時に、ぱあっと視界が開けて一気にアルバムのイメージが決まりました。
  ミックスも殆ど録り音をいじらずに、あっという間に出来上がりました。

13 糸、意図
  アルバム用にレコーディング終盤ごろに作った曲です。
  本編としては12曲で終わりで、この曲はボーナストラックみたいなイメージ。
  スタジオでaudixのマイクを借りた時に、いい感じだなと思ってそのマイクで録音しました。
  ポロっとギター1本で歌ってみた、みたいな感じを出したかったんだけど
  実際はそこまで上手くないので歌とギターはバラで・・・
  マイク2本たてて、1本はリバーブかけてモニターで外音に出して
  そのモニター音と直の音を両方audixのマイクで拾う、という手法でやってみたんだけど
  果たしてどれぐらい効果があったのか。多少は立体感でたかな。、

  
# by wankorosan | 2014-07-05 17:07 | 音楽とか

ねこはぽんぽんされるのが好き

ゆすらごでのライブ無事終わりました。
お集まりいただいた皆様、一緒に演奏してくれたけいくんまっつん、そしてゆすらごのおふた方、
本当にありがとうございました!

共演のkacconoさんは、京都のodd eyesというバンドのギタリスト岡村さんのソロです。
うら若き青年が、ぽつりぽつりとだけど自分のグルーヴでギターを弾きながら歌っていました。
静かでけだるい空気があたりを包んでいました。
誰のものでもない、彼の世界を覗き見る感じが心地よかった。
トンチさんは、もう6年とか7年とかそれぐらい昔に観て以来な気がします。
スチールパンを叩きながら歌うっていうスタイルがもうそれだけで既に格好いい。
稲田さんとカメイさんという百戦錬磨、抜群の安定感のおふたりを迎えたトリオは
南国ような明るくてカラリとした雰囲気満点で、
だけどどこか自分のなかに潜るような内省的なものがところどころにあって
楽しかったあとにふとそれが引っかかる感じが好きだなと思いました。

自分の歌や演奏は、前のライブに比べるとアルバムにかかりきりで
ちょっと練習不足感がありヒヤヒヤでした。
けいくんが大熱演しているなぁとぼんやり思いながら
しかしそれをじっくりと聴く余裕もなく・・・
まっつんのドラム、かっちりしすぎてなくてすごくええ塩梅でした。
ドラム入ると、自らリズムをどうやって裏切ろうかとか考えてしまい
練習以上に変な部分に溜めを入れたりして、まっつんやけいくんを振り切ろうとしてました。
(ここがバンドの醍醐味)
しかしこの溜めが、あまり2人に動揺を与える効果は少ないらしく
まっつんはマイペースで叩き、けいくんはなぜかちゃんと溜めに合わせてくる。。。
いやあ、良いメンバーやなあ。
この編成は回数を重ねてゆくたびにどんどん良くなれそう。
また関西でやる時にはサポートお願いいたします!

そして翌日はゆすらごのお二人に進々堂のパン食べ放題モーニングへ連れていってもらいました!
コーヒーもおかわり自由で、
とにかくお店のおねえさんが積極的に何回も何回もおかわりいかがですか?と
クルクルまわってきてくれる。
お水も何回も入れ直してくれるし、すごいホスピタリティ。

ホスピタリティといえばゆすらごのお二人もホントすごくおもてなししてくれて、
ああいうふうにさりげなく人の気持ちを気遣えるのは素敵ですねえ。
素敵なひとたちは連鎖していって輪になっている。
わたしも皆さんから頂いたやさしさを返せるようになりたいです。

終わってみれば
最後に残るのは、そこにいた人たちの暖かい空気なのかなあ。
この日のことはずっと忘れられないと思います。
ありがとうございました!!

****喫茶ゆすらごへ、てくらがり2枚目のアルバムとフムフムのアルバムを納品いたしました!
    まだお店はここにしか置いておりませんが、少しずつ取り扱いを増やしてゆこうと思います。 
    しかしどこへいつ、はまだ未定ですので
    関西方面の方で、もし聴いてみたいと思われる方いらっしゃったら、ゆすらごまで是非・
    食事が美味しい、居心地のとても良いお店です(*´ェ`*)                     ****
    

# by wankorosan | 2014-07-02 15:39 | 音楽とか

あるきだす

2枚目アルバム、なんとか間に合いましたヽ(*´∀`)ノ

6月29日(日)に京都の喫茶ゆすらごにて、ライブをいたしますので
そこで初売り(あってるよね?)いたします!!

f0154000_0241727.jpg

「すきとおってゆく」
全13曲入り、1,000円です。

ゲストミュージシャンとして、
ギューンカセット社長の須原敬三さん、
ムーンフェイスボーイズ・フムフム・マイパルフットフット・・・・のタケシタケイさん
ボルゾイ・フムフム・nan!ka・シバタ&アスナ・・・・のシバタさん
の3名が演奏参加してくれております。
マスタリングとジャケット・歌詞カードデザインはパンダ氏がやってくれてます。
(家内制手工業・・)

バンドセットのアレンジのものと、宅録のもの、
そしてここ数年しこしこと録りためていたフィールドレコーディングを加工したアンビエント?
が混在している約46分です。
作曲、歌、演奏、録音、ミックス、そしてマスタリングやジャケ歌詞カード、
自分で今出来ることを全力でやりました!
(盤面だけ、ちょっと心残りなんだけど、第二ロットからちょっと変えます)

アルバムの詳しい内容とかエピソードとかは、また帰京してからじっくり綴ります。

そして日曜日のライブもとても素敵な組合せです。

6月29日@喫茶ゆすらご
出演:トンチトリオ (トンチ×稲田誠×カメイナホコ)、てくらがり、kaccono
1500円 (+1ドリンク) 17:30開場/18:30開演
てくらがりは、録音にも参加してくれたけいくん(エレキギター)と
ムーンフェイスボーイズトリオでも活躍するまっつんさん(ドラム)の
トリオ編成で挑みます。
f0154000_0345320.jpg


わたしは多分、なにげに自分以外のドラマーと演奏するの初めてな気がします。
まっつんさんはムーンフェイスボーイズトリオでの演奏を観て
この差し引きのセンス只者ではない・・・とひそかに思っておりました。
一緒に演奏できて嬉しい限りです。
どんな風になるのかなあ。楽しみ。

関西方面の皆さま、是非ぜひ。
# by wankorosan | 2014-06-28 00:40 | 音楽とか