<< 耳鳴り太鼓がなりひびく 俯瞰する、俯瞰せよ >>

ハローアゲイン

今月から、神戸の海辺の街に住んでおります。
引越し前の数ヶ月、怒涛のように仕事やら何やらと忙しくしていたのに
急にぽっかりと穴があいて、まだどうしようという感じです。

窓の外では船やヨットがゆるやかに走っていて
別の窓からは公園がみえたり、山がみえたり。
何時間でもぼんやりと出来る環境です。
f0154000_14263282.jpg


すぐ戻れると思いきや、約5年も東京に住むことになり
しかも大阪へ戻ることは無い・・・
とは
大阪を旅立つ時の自分にはまさか思いもつかなかった状況ですが
なんとなく、ここへはたどり着くべくしてたどり着いたような気もします。

なぜか昔から繰り返しみる夢のうちのひとつに
海のすぐそばに住むというシチュエイションがあって
(夢の中の風景は、窓の外がすぐ波打ち際とかいう極端なものでしたがw)
大阪で家を買い、この先の人生は一生ここに住むだろうと思っていた頃も
なぜか時折それは出てきていました。
予知夢というほどの大袈裟なものではないけれど、どこかにそうなればいい
という願望もあったのかもしれないです。
大阪からいきなりここに来ることは無かったので、東京の暮らしを経たのも
ここへ来るための布石だったのかもしれないとも思います。
東京へ行ってから出会った人たちとは、たぶんこれからも何かしら出会うことがあるような
気がしています。

それにしても
引越しをする前は、引っ越せばさぞかし時間もたっぷりあって
毎日練習もして、ブログも更新して、何でも出来る・・・
なんて思っていたのに、
まだペースが掴めないというのもあるけれど、思ってたほどの事が出来ておりません。
まぁ 焦らずに少しずつ、、

どうぶつの森の、引っ越した当初の何も無く勝手もわからず不安な状態
というような感じです。
5年前、東京へ越したときにも同じ状態で、でもだんだんと必要なアイテムが揃っていって
新しい経験が足元を固めていってくれて
そしていつしか、日常はくりかえしとなる。
あのゲーム、ホントよう出来ているよね。。
[PR]
by wankorosan | 2015-06-20 14:36 | 日常な感じ
<< 耳鳴り太鼓がなりひびく 俯瞰する、俯瞰せよ >>