2012年 09月 09日 ( 2 )

violence teacher

加藤りまさんのPVが出来上がっているようです!
映像はなんとトリレーベルの田中さん。
シンプルで控えめな構成がいいセンスです。
初めてこの曲をきいたときに、美しいメロディラインに参りました。
よくよく歌詞を聴くとこの美しい楽曲には意外な内容だったり。


[PR]
by wankorosan | 2012-09-09 19:54 | 音楽とか

やせい

浅草橋へ
松井一平さん(Teasi わすれろ草)の絵の展示「やせい」
を観に行ってまいりました。

浅草橋天才算数塾
という一度聞いたら忘れられない名前のギャラリーは
時々ライブイベントなども行われており
その告知などで何となくその存在を知ってはいたのですが
実際に足を運んでみると、名前から喚起されるイメージとはうらはらに
静かで居心地の良いスペースでした。

靴を脱いで入るんだけど、入ったらすぐにカウンターがあって
そこで飲み物を頼んで他のお客さんやお店の方とお話ししながら
リラックスして展示を観られるようになっていて
ギャラリーというと、とかく敷居が高く感じられがちですが
ここは皆でワイワイっていう雰囲気があって楽しかったです。
思いがけず、知り合いにも沢山あえて嬉しかったです。

一平さんは最近立体作品が多くなっているようで
色んな角度からみると表情が変わったりして面白い。
f0154000_1738586.jpg

スっとした白地に柔らかいタッチの色で
別々に描かれたというピースを組み合わせた作品は
じっとみてると、なんだか顔にみえてくる。
きっと年月が経つとまた違った顔をみせてくれるんだろうなぁと思う。

あとカウンターに座って見上げたら、オリジナルの時計もかけてあった。
f0154000_17432020.jpg

(↑は、一平さんのサイトからの写真なので展示とは若干違います)
文字盤のフォントが、わすれろ草やゑでぃまぁこんの歌詞カードにも使われてる
一平フォントです。
あの文字、可愛くて好きです。
展示にあったのはもうちょっと細長くて、形がちょっと左右非対称で
ちょっと変わっているけど皆と仲良くできそうな子でした。
うちの実家に、もう何十年も使っている手巻きの掛け時計があるんだけど
それとちょっと形が似ていたので懐かしい雰囲気も感じました。

ちょうど展示に来ていたアキさんに
国立近代美術館でライブイベントがある
と教わり、そのあと「14の夕べ」というイベントを観に行きました。
申込不要で、無料で著名ミュージシャンのライブが観られるとあって
会場は超満員でした。
この日は一柳慧さんという方のライブで
予備知識無しに観たのですが、ジョンケージと一緒に音楽活動されてたとか
実験音楽の先駆けみたいなすごい方なのですね。
最初はピアノから始まり、その音と音の手触りに引き込まれていったら
途中から電子音やストリングスのドローンやノイズも加わり
結構ドラマティックな音楽で圧巻でした。

しかし
おそらく数百人もの人がこれを観に来ていたんだけど
実験音楽ってこんなに人気あったっけ?
なんて思ったりしました。
まぁ 誰がどんな理由でどんな音楽を聴いてもそれは自由ですが。。
これならばもっと若手の実験音楽もちゃんと評価されても、なんて。

いずれにせよ、こんなのが公共施設で無料で観られるなんて
さっすがトウキョーって感じですね。
もっと早くこのイベントの事を知ってたら良かったと残念でしたが
アキさんに教わらなければ知らなかったので
良い情報教えて貰って本当に感謝です。


帰りは夜の皇居周りを歩いて大手町まで帰り
秋の訪れを感じました。
P氏が皇居のお堀は明石公園と一緒や と言い出したので
そんなわけないやろと
ぐぐった写真を見せてもらったら、意外と一緒でした。。
f0154000_15351632.jpg

[PR]
by wankorosan | 2012-09-09 18:14 | おでかけ