<   2015年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

犬フィギュア柴太郎

前回の記事でさらっと
「最近力を入れている羊毛フェルト」と綴りましたが・・

じつは
ことしに入ってから、音楽以外の趣味でももとうかと思いまして
良くも悪くも音楽以外にやることがないのは、さすがにどうかと。
今までは仕事と音楽と生活の3本柱でいっぱいいっぱいだったけれども
少し時間と気分的な余力ができたので
あたらしいことを始めても良いかなあという気持ちです。

たまたまweb上でみかけた羊毛フェルト製の犬があまりにも本物すぎて
衝撃をうけたのがきっかけです。
しかし、誰でも簡単 という訳でもないらしく
ネットで「羊毛フェルト」で検索すると、なかなか悲惨な画像も多い。。
なので、自分に向きか不向きかをとりあえず100円ショップのキットで試そうか

初めて作ってみたペンギンが・・・
f0154000_18204997.jpg

意外と良い出来かもしれない。。
これに気を良くして、次に同じ100円キットでクマをつくり、
その次にはお手本無しでパンダを作り
そして現在、初めて針金を入れた本格的な人形を製作しております。

初めてやってみて分かったのですが
羊毛フェルトというのは手芸というよりは、粘土細工や彫刻に似ているような気がします。
キットに入っているのはただの毛束と針のみ。
型紙も特に無しで、ぺらイチの説明書には「3センチのボールをつくる」などと
ふわっとした説明のみが書かれているだけです。
出来上がりの写真のみをみてイメージするのみ。。
なので、向いてない人がやると、かなり悲惨な出来上がりになるのも分かります。
しかし
裏返せば、自分の匙加減でどうにでも好きに作ることが出来るのと
ある程度のリカバーがきくので、作りこみが出来るのが楽しい。

で、お手本無しでパンダを作ってみたのですが
やはり身体に針金を入れないとリアルには近づかない・・・
ということで、本を購入しまして、初めて針金を入れて本格的な犬を作ってみました。
f0154000_1831221.jpg

もちろん細かに各パーツの作り方や写真が載ってましたが
肝心の部分は「全体のバランスをみて、おかしなところがあれば調整する」という風に
各人のセンスに委ねる的な本で・・w

それに沿って大きさを作ったら、ちょっと顔が小さく仔犬風になってしまいました。
骨格だけは一度やると後からリカバー出来ないので
犬を飼っていない自分はちゃんとした犬のバランスが分かっていないのかも 
と、作りながら反省。。
そしてしばらく考えた末にたどり着いたのが・・・
f0154000_18355683.jpg

ポチっと買いました。
犬の骨格標本。
組み立てたら、ラブラドール風になりました。
内臓もついてたけど、自分の考える用途には不要かなとw
要らないんだけど、袋にひとまとめになっている内臓キットをどうしよう・・・
もし欲しいかたいらっしゃったら連絡ください。。
f0154000_18365852.jpg

これを参考にして、次回はよりリアルなものを作りたいです。
どこへ向かっているのか、というツッコミもありますが。

ファンシーな人形を作る人が多いのですが
自分はイラストやマンガよりも本物のどうぶつが一番可愛いと思うので、
とにかく本物に近ければ近いほど良いです。

犬フィギュアを作るというのは
アニメ好きな人が3次元としてフィギュアを作る、鉄道好きの人が模型を作る
それと同じような感覚なのかなと思います。
いちばん可愛い状態のものを創りたい、そして所有したい。
もっと上手くなれば人に譲ったりも出来るかな。。
[PR]
by wankorosan | 2015-06-26 18:44 | どうぶつ

西の街は日暮れが遅い

きょうは神戸から三宮まで商店街を歩きました。
住居が坂というか山の上なので、頻繁に下りる気になれない。。
そしてちょっと遠出しないとスーパーや100円ショップなども無いので
街に出掛けたときにはあれもこれも買わなきゃ、、と
普段から買うものリストを頭の中で思い描いて暮らしています。

今までも何度も元町から三宮のアーケード通りを歩いたことはあるのですが
神戸からずっと続いているのを知らず、端から端まで歩いたのも初めてでした。
f0154000_22293378.jpg

だんだんと人通りが増えてきてにぎわってくるのも楽しいし
あちらこちらに座る場所が設置されていて
それが満席になっておらずに足が疲れたら座れるのでありがたい。
(たぶん他の街でも設置はされているんだけど、競争率が高くてあまり座れないことが多い)

神戸は風通しが良い街で気持ちよく歩けるし
人の多さも多からず少なからずちょうど良い。
最近特に力を入れている羊毛フェルトと製菓関連のグッズを沢山買って
沢山の紙袋を持って電車に乗ってもひとにぶつからない・・・
なんて
こちらでは当たり前のことにちょっと感動していました。
バッグ3個持ってたら電車でキュッと縮こまらないといけない夕方のメトロのことを
ぼんやりと思い出しながら
暮れてゆく山をみていました。

そういえば
関西は日暮れが遅いんですよね。
いまの時期いちばん長いとはいえ、19時半でもまだ明るい。
f0154000_22361215.jpg

[PR]
by wankorosan | 2015-06-23 22:42 | おでかけ

耳鳴り太鼓がなりひびく

近所のお寺が毎月20日と21日に護摩たきをしていて
縁日も出るというので行ってきました。
f0154000_11154251.jpg

パンダ氏が厄年なので、厄除けとして護摩木を焚いてもらおうと
ちょうど護摩祈願をやっている会場をのぞいてみましたが・・・
ほぼ全員がお経の小さい本を持っていて、太鼓に合わせて一心不乱に唱えており
とても冷やかしでのぞける雰囲気ではありませんでした。
太鼓がまた、ブレイクを入れたり、だんだんと強くなったり変拍子が入ったりで
上手い事お経のリズムを煽っていて
最初は小さかったお年寄りたちの合唱がどんどん声が大きくなっていって
その盛り上がりが傍目には少し怖く思えました。
宗教とはこういうことなのかも、いうことを感じたり。
親戚に神社の宮司さんがいてわたしの実家は神道なのですが、
あんまりこういう参加型な感じではない気がします。
f0154000_11164873.jpg

お寺は源平ゆかりの史跡があったり、あたまを撫でると音楽が鳴るクマがいたり
あたまを撫でると見ざる言わざる聞かざるのポーズをとるサルがいたり
アトラクションが盛りだくさんでした。
四国88箇所のお寺分の鈴を一個ずつ鳴らしてゆくのが良かったです。
鈴の音が少しずつ違っていて綺麗な音響になっていました。
f0154000_1117835.jpg

縁日は・・・
乾物とかタオルとか傘とか洋服が多くて、目当てだった野菜はありませんでしたが
参道に可愛いパン屋さんがありました。
東京のパン屋の少なさにがっかりしていたので
関西へ戻ったらパンを沢山買おうと心に決めていたのですが
ホームベーカリーを購入しまして、そのパンで十分に美味しかったりして・・
意外とパンを買っていないです。
ここではクリームパンとメロンパンの中にクリームが入っているの買いました。
値段も安いし、良い街のベーカリーの美味しさがありました。
f0154000_11172990.jpg

勝手に
お洒落なブーランジュリ系統と街のベーカリー系統にパン屋を分類しているのですが
値段や方向性を考えると、この2つは別物だと思っております。
ソフトロックとガレージバンドが別物なのと同じで、
どっちが優れてるというものでもないのかなあと。
f0154000_11174241.jpg

そして、さすが神戸といいましょうか。
普通の住宅街の中にとてもお洒落なショコラのお店がありました。
焼き菓子やショコラがあったのですが、あまり敷居が高くない価格。
暑かったのでアイスバーを買って軒先で食べました。
なつやすみ感。
マカダミアナッツのバーはねっとりした感じで濃厚でした。
次回は焼き菓子買いたいなあ。

ぶらぶらと自転車で近所を回りましたが
海もさることながら、当たり前だけど山も近くて
どこへ行っても山が目の前にあって
京都とかもそうですが、山がみえるとそれだけで出かけた気分があります。
大阪市内も都内もあんな近くに山無かったもんなあ。。
そのうち、この景色がデフォルトになって山が無いと出かけた気分になるんだろうか。
[PR]
by wankorosan | 2015-06-22 11:32 | おでかけ

ハローアゲイン

今月から、神戸の海辺の街に住んでおります。
引越し前の数ヶ月、怒涛のように仕事やら何やらと忙しくしていたのに
急にぽっかりと穴があいて、まだどうしようという感じです。

窓の外では船やヨットがゆるやかに走っていて
別の窓からは公園がみえたり、山がみえたり。
何時間でもぼんやりと出来る環境です。
f0154000_14263282.jpg


すぐ戻れると思いきや、約5年も東京に住むことになり
しかも大阪へ戻ることは無い・・・
とは
大阪を旅立つ時の自分にはまさか思いもつかなかった状況ですが
なんとなく、ここへはたどり着くべくしてたどり着いたような気もします。

なぜか昔から繰り返しみる夢のうちのひとつに
海のすぐそばに住むというシチュエイションがあって
(夢の中の風景は、窓の外がすぐ波打ち際とかいう極端なものでしたがw)
大阪で家を買い、この先の人生は一生ここに住むだろうと思っていた頃も
なぜか時折それは出てきていました。
予知夢というほどの大袈裟なものではないけれど、どこかにそうなればいい
という願望もあったのかもしれないです。
大阪からいきなりここに来ることは無かったので、東京の暮らしを経たのも
ここへ来るための布石だったのかもしれないとも思います。
東京へ行ってから出会った人たちとは、たぶんこれからも何かしら出会うことがあるような
気がしています。

それにしても
引越しをする前は、引っ越せばさぞかし時間もたっぷりあって
毎日練習もして、ブログも更新して、何でも出来る・・・
なんて思っていたのに、
まだペースが掴めないというのもあるけれど、思ってたほどの事が出来ておりません。
まぁ 焦らずに少しずつ、、

どうぶつの森の、引っ越した当初の何も無く勝手もわからず不安な状態
というような感じです。
5年前、東京へ越したときにも同じ状態で、でもだんだんと必要なアイテムが揃っていって
新しい経験が足元を固めていってくれて
そしていつしか、日常はくりかえしとなる。
あのゲーム、ホントよう出来ているよね。。
[PR]
by wankorosan | 2015-06-20 14:36 | 日常な感じ